バイクの冬眠明けですが無事にエンジンが掛かりました

スポンサーリンク

さっき1週間ぶりにエンジンをかけたら無事一発でエンジンが掛かりました。≫エンジンで失火?4発のマシンが2発みたいな音に・・・

最初こそおかしげな音をしていましたが、失火らしい音もなく無事4発らしい音をしてくれました。

やはり冬の前にはキャブからガソリンを抜いたり、基本的な越冬準備はしておいた方がいいですね。

最初は本当に4ストの排気ガスか?と思うような白っぽい生ガス噴いているようなにおいがしていましたが、エンジンがぬくもるにつれてそれもおさまりました。

よく見るとガソリンもほとんど空状態でしたので近くのガソリンスタンドへ燃料を注ぎにいきました。≫ガソリンスタンドにて

本来は冬眠前にガソリンは満タンでというのが良くいわれるセオリーなのですけど、私はあまり気にしたことがありません。

にもかかわらず錆びた事ってないんですよね。

運がいいだけなのかどうなのか。

タンク内の錆び防止にはワコーズのフューエルワンという商品も評判いいみたいです。≫ワコーズのフューエルワンの使い方と保管方法について

それにしてもNojimaのマフラーはとてもうるさいですね。

近所の園児たちもうるさ~いと笑いながら耳をふさいでいました。

子供たちはいいですね。

うるさ~いと言いながらも心に裏がない。

純粋な子供たちです。

ただ、先週は洗車の後だったからあんなに掛かりが悪かったのかな?

本来水が掛かったくらいでエンジンの調子が悪くなるようでは、電装系の劣化が進んでる気がしますね。

いつかプラグコードも交換したいとおもっていますが、バイク全体で劣化が進んでいるのは間違いないので、これからはちょこちょこお金が掛りそうです≫バイクの電装系のメンテナンス兼ねてNGKのプラグコードに交換

それにしてもこれから度々バイク通勤して感覚を取り戻しておかないと、北海道のロングツーリングは危ないですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク