九州ツーリング4日目~雨の夜間走行~

衝撃の再開の記事はこちら
めかりのサービスエリアを出てからは本当にどれほども記憶が残っていません。
雨・高速・夜・寒さ
関門橋を渡っているところ、中国道と山陽道の分かれ道で、山陰ライダーが手を振りながらカッ飛んでいったこと、その後のPAで多くのライダーが雨宿りがてら休んでいたこと。
気付けば家でその日の佐多岬からのお互いのルートを話しながら寝ました。
▽緑が私で、青がCB750オーナー、ピンクがこの九州ツーリング計画に加担してくれた当事大学生です。

確か、彼は阿蘇経由(私の前日のルートのほぼ逆回り)でやはり雨の予報を嫌って帰ろうとしていたようです。
明け方にはつくだろう位のつもりだったそうですが。
https://bikelife.work/393569747-html/

コメント