いつからどのようにはじめるか「終活」

エンディングノート コラム

広島の災害があってから、改めて考えるようになった「終活(しゅうかつ)」

≫ 2014年広島の大雨による甚大な土砂災害

≫ 西日本の広範囲に特別警報発令!その時どうすればいい?

人間、若いから大丈夫ではなく、死に行くのは生まれた順番ではないのです。

どなたであっても、自分より若い人が亡くなったり、親より若く亡くなったと言う人を知っているのは私だけではないと思います。

バイクで一度事故をすると、最悪命を落とす事って不思議じゃないんで、私もこの歳でバイク乗ってると「よく奥さん何も言いませんね」って言われます。

でも、私の場合コロッと死んでも、自宅のローンは無くなるし、収入保障の保険金が下りるし、遺族年金や母子家庭の手当てがもらえるえますので、とりあえず妻や子どもの住むところと食べる手段は残しているつもりです。

さて、そういったことをふまえてどのように終活を考えたらいいのでしょうか。

スポンサーリンク

生前葬

先日、建設機械の大手「コマツ」の元社長の安崎暁さんが亡くなりました。

生前、安崎暁さんがお世話になった方々に集まってもらい、生前葬として感謝の会というものを開催していたようです。≫「まねできない終活」コマツ元社長が笑顔で生前葬

原因はガンだったようですが、私の父もガンで亡くなりました。

抗がん剤治療だったり、手術などの治療を受けましたが、最後は緩和病棟に入りモルヒネなどで意識がはっきりしなかった覚えがあります。

だからこそ、まだ元気で生きているうちに、知った人にお礼を伝えたり、子供たちへ財産分与の話をしたり、ふるさとを訪れたりといった機会を得るのは大事なんじゃないかなって思います。

余命宣告のトラブル

一方で、余命宣告することでこういったトラブルも起きています。

笠井さんは「医師から『次の誕生日は120パーセント迎えられない』と説明を受けた」と言う。取引先にあいさつして回り、経営する設計企画事務所を閉じた。財産は売却したり、子どもに譲ったりしたほか、親族には別れの手紙を書いた。ホスピスにも一時入所した。

診断から5年。体に痛みがあり通院しているものの、「死」が訪れる気配は感じていない。抗がん剤治療の影響で歩行が難しくなり、車の運転もできなくなった。生きていることは喜ばしいことだが、「ATLというのは誤診だったのでは。納得できない」と憤る。

引用:Yahooニュース(リンク切れ)

Yahooニュースは比較的早く記事が削除されますので、記事の一部を引用してますが、余命が1年と宣告され、そこから5年も生存しているという患者の例です。

余命を宣告され、仕事を辞め、財産分与を済ませてしまうと、自分が生きるためのお金というものに困ります。

上で紹介した安崎のように、古い友人知人に会って挨拶はしたものの「あの人まだ元気そうね」なんて言われたらたまりませんね。

エンディングノート

エンディングノート

文具屋などではエンディングノートというものが売られています。

コクヨ エンディングノート もしもの時に役立つノート B5 LES-E101

隠された預貯金・資産

ネットバンクやネット証券などが増えた現代において、家族の知らない資産をお持ちの方もいらっしゃると思います。

そのためにも口座名やパスワードやログインIDなどを残しておくと、残された家族がそれを元に預貯金の解約が出来ます。

財産分与・遺言

生前に財産分与した方がトラブルは少ないでしょうが、財産分与というものも記入できるようになっています。

ただ、法的な効力はないそうなのでその点は注意です。

まとめ

皆に祝福されてこの世に生を受けるわけですし、恩をいただいた人に感謝して旅立つというのが理想ではあります。

ただ出産のときと違い、死ぬときというのは予定がわからないですから、いざというときのためにこういった準備をしておけるというのも良いかなぁと思いました。

≫ 終活の必要性ついて、経験をふまえて考えてみる

スポンサーリンク
プロフィール
この記事を書いた人
taro

気付けば40代中盤に差し掛かり、25年を越えたバイクライフや趣味の楽器やDIYに関した記事を投稿しています。

フォローする
コラム
スポンサーリンク
フォローする
バイクのある生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました