エレキの弦を張り替えてみた

何年ぶりになるでしょうか。

結局自分のフェルナンデスのギターの行くへは分からないので、とりあえず自宅にあるエレキの弦の張替えに挑戦しますw

前回張り替えたときは、ニッパーが無かったかなんかで、あまった弦がそのまま放置されていますw

実はこのギター、「俺にはFの壁が越えられなかったから、使ってくれ」と大学時代の友人からいただいたものですw。

それだけFのバレーコードはギターを始める者には最初の、そして最大の壁ではないでしょうか。

さて、1本1本弦を緩めていって・・・とりあえず古い弦を外します。

今回の弦はこちら。

昔からエキストラライトゲージって言う細めの弦を使っています。

ちなみに今回の商品はスーパーライトっていう表記になっていますが、まずはギターのクリーニング。

ピックアップの鉄部まではさすがに手を掛けませんでしたが、一応クリーニング完了w

何気にこの赤黒のグラデーションは気に入ってます。

単車もこの色にしようかな??

後ろから1本1本通していって、弦を張ったら・・・次はチューニング。

一応チューナーは持っているんですけど、ギターが悪いのかシールドが悪いのか、うまく動きませんので、ここはもう一つの楽器「ピアノ」を使います。

電子ピアノではありますが・・・

6弦から順にミラレソシミという順であわせていきます。

3番目の写真のピンクの袋にE-6th,A-5th,D-4th,G-3rd,B-2nd,E-1stときちんと書いてあります。

結構6弦からあわせていって1弦までいくと、また6弦が狂ってるということを当分繰り返します。

順々にテンションを掛けていくんで起こるんでしょうけど、正直だるいです><

さて、チューニングが終わったらあまった弦を散髪して完了。

もう1本のアコギはまたの機会に・・・

そういえば、この2本のギターもヤマハ、電子ピアノもヤマハ、単車もヤマハ。

気づけばヤマハばっかだw

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク