ぷらっと長崎県道201号線へ逃げてみる

雲仙から下りてきて、小浜温泉経由し57号線を諫早方面に向かいます。

ツーリングマップルにあった県道201号線を見つけて直前まで迷ったのですが、前の車について思わずそれちゃいましたw

ところが前の車というのがゴミ収集車でして、道幅も狭く住宅街。

経験上なんとな~く嫌な予感。

最終的に嫌な予感というのは幅員が狭いだけで、冒険心をくすぐる楽しい道ではありましたが。

201号線を進むと、穴のあいた岩場が見えてきました。

最初は通りすぎたのですが、どうしても岩場を見たくなってUターン。

バイクはこんな時便利ですよね。

朝の漁港にXみの爆音を轟かせ駐車場へ。

ここから5分ほど歩くのですが、確か鳥居もあって社もあったので、道中の安全祈願。

この社の先からは一応立入禁止という事でして、ブログで紹介出来るいい写真はないのですが、溶岩ぽい岩場でなかなか見られない光景でした。

ところが後で気付いたのですが、こちらは富津弁天公園というところで、七福神の弁財天様を祭ったところだそうで、弁財天様に安全祈願するのは無茶かな??と思いながら帰りました。

まあ無事帰れているので、安全祈願のおかげかもしれませんが^^

駐車場まで戻ると子連れの家族がいまして、海辺で遊んでいました。

子供と目があったので、「おはよう」と声を掛けるときちんと挨拶を返してくれ、やっぱり朝の挨拶って気持ちいいねって思える瞬間でした。

その後もとの201号線に戻り先を進みます。

幅員のせまいトンネルを抜けて行くと今度はこんな緑のトンネル。

朝の7時半だと言うのに外灯がついてるくらい薄暗い道でして、となりのトトロに出てくるネコバスに乗ったさつきが「木がよけてる」と言ったシーンを思い出しました。

実はこのあたりで本当にあってるのか?と心配にもなりましたが、誰か人に聞けばいいしwと割り切って進みます。

その後心配することなく57号線に合流して改めて諫早を目指します。

スピードの乗る道ではありませんが、なんとなく満足度の高い道でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク