趣味で一眼レフカメラで写真を撮りはじめて自分の気持ちの変化に気付いた

カメラ

今までのコンデジやスマホでは撮れなかった写真が一眼レフでは撮れるようになって、最近すっかり一眼レフカメラの魅力に引き込まれてしまいました。

趣味というものは何事も自分がやってみないと、その凄さ、楽しさというものは実感できないこととはいえ、私が感じた変化というものを紹介してみたいと思います。

趣味の楽しみ方というのは、本人が経験しなければ分からないものですね
私のお気に入りの動画を後輩に見せたら、何の反応もなくてびっくりしました。趣味というのは自分が経験しないとその凄さも楽しさも分からないものだなと改めて感じました。
スポンサーリンク

被写体を探す

最初のころは、写真に残したら面白そうなものをいろいろ探してました。

道端に咲いている花だとか、飛行機雲。

ワケもわからずとにかくシャッターを切るのが面白かったという感じもします。

そのうち、被写体に近づいてみたり、離れてみたり、角度を変えて被写体を眺め、写真にして面白そうなアングルというものを探すようになりました。

これは私がカメラを趣味におすすめする理由の一つでもあります。

カメラは年齢を重ねても楽しめる趣味としておすすめ
バイクなどと違い、カメラという趣味は年齢を重ねても長く楽しめる趣味です。そんなカメラの魅力について書いています。

無理に遠くに被写体を探しに出かけなくても、身の回りの生活の中に被写体が存在する可能性が高いのです。

人の写真に興味をもつ

ネットなどを通して、人が撮影した写真に興味をもつようになりました。

例えば街の夜景であったり、星空の写真、花の写真だったり車やバイクの写真など。

これらを見ていると、自分がどんな写真が好きなのか好みが分かるようになってきます。

その中でも私はバイクという最高の被写体を見つけました。

カメラの友は被写体として最高のバイク
バイク乗りなら全員が一度や二度くらいはツーリングの先々で愛車の写真を撮った経験はあると思います。むしろ、素晴らしい景色の中に自分の愛車が入るだけで、その写真は特別な写真になることは多くの人が経験することでしょう。それだけバイクとカメラの相性はいいんです。

おそらくプロのカメラマンでも風景を撮るのが得意なカメラマンや、夜景が得意なカメラマンというのは分かれそうな気がします。

自分の好きな被写体が分かると、お気に入りの写真を撮影しようと試行錯誤するようになります。

これがまた悩ましくも楽しい作業なのです。

カレンダーの写真を見る目も変わる

先日、業者さんからカレンダーをもらいました。

カメラに興味をもつまで何も感じる事はなかったのですが、病的にカメラにはまっている事もあってカレンダーの写真1枚にも関心が持てる自分がとても不思議です。

たった1枚の写真なのですが、自分自身もいろんな撮影を通していろいろ試行錯誤してます。

この写真はなぜこのアングルだったのだろう?

なぜここへ行ったのだろう?

とか考え出すと止まりません。

写真とは景色を切り取る作業

風景を切り取るカメラの面白さ

写真というのはお気に入りのアングルで最良の設定でシャッターを押すだけなのですが、そこにあるリアルの風景を切り取るという作業です。

目の前に広がった景色を、限られた写真のサイズのなかで「どう伝えるか」「どう表現するか」そしてそれも見た人に「興味を持ってもらえるか?」ということを重点に置くと、とても奥の深い趣味です。

切り取った風景の中に非日常を感じる

広大な風景を感動を伝えるというものも写真なら、日常の生活の中にあるものを切り取ることで生まれる感動もあります。

日々の忙しい生活のなかにある道端の落ち葉なんかにも、日常の中の非日常と言うものを見つけるというのも面白いです。

 

 

コメント