私が飲酒運転で人身事故・・・

という夢をみた話し。

誤解を与えないようにはじめに説明させていただきますと、私が飲酒する時には迎えを頼む、送ってもらう、もしくはビジネスホテルに泊まるという手段で飲酒運転という事はしておりません。

そもそも外で飲む機会と言うものがめっきり減りました。

さて、なぜこんな夢を見たのでしょうか?

―――夢の話―――

同級生たちとの飲み会。結構楽しく飲んでいました。

帰り、何を思ったのか車に乗り込み帰宅。

途中で人身事故をおこしてしまいました。

その時は飲んでいた友人もそばにいて、警察も呼び、救急車も呼びました。

事故を起こした相手もさほど大きなけがではなかったのか、

不思議な事にそのまま帰宅しました。(させられました?)

帰宅出来るところが夢っぽいですけど。

それから数日が経ち、80が近くなって来ている母と兄弟、親族と顔を合わせて食事をしているところへ、パトカーの音。

うちに来るんじゃないの?と笑っていると本当にうちの前で停車。

後は自分が呼び出され手錠掛けられて、パトカーに乗せられて。

母が泣いていたり、近所の人たちが出てきてました。

警察へ向かう道中、相手の人のケガの様子などを聞かされました。

トイレに行きたくなり、トイレへ行かせてもらうところで、

回りで普通の生活をしている人たちを見て、自分も事故の相手も、元の生活に戻れないことを自覚。

保険はおりないだろうし、相手への保障は?

と、いろんなことが一気に頭の中を駆け巡りました。

トイレで用を足そうとして、「夢だったらよかったのに」

と思ったところで目覚め。

―――夢の話おしまい―――

なぜこんな夢も見たのか分からないです。

ただ、万一飲酒運転でケガをさたら、多分保険はおりないだろうから、相手への保障も限られてしまうだろうし、自分だけでなく親兄弟にまで迷惑がおよんでしまうかもしれない。

たまに、飲酒運転の高い罰金を払った人とか、免許取り消しになったという人がいるのも事実だけど、人にケガをさせなかっただけでもマシだよね。

夢とはいえ、実際に自分が加害者になった立場を体験できて、改めて飲酒運転はしないようにしようと決心させてもらった夢でした。

皆様も飲酒運転や無謀運転にはくれぐれもご注意を!

家族崩壊も待ったナシ!!アルコール依存症は本気で怖い
日常の晩酌を意識的に抜いてる理由。 それはアルコール依存症への恐怖です。 実は、付き合いのある業者の社長さんがその依存症になってしまって、こちらとしてもドタバタに巻き込まれてしまいました。 アル中とアルコール依存症の違~続きを読む~
スポンサーリンク
日々の雑感
スポンサーリンク
フォローする
バイクのある生活

コメント