意外と高くないから空撮用にドローンが欲しい

スポンサーリンク

くしもと大橋で見たCMの空撮用のドローン。

名道50選の一つ「くしもと大橋」でテレビCMの撮影に遭遇しました
誰がどんな根拠で名道と挙げたのかはわかりませんが、一応ネットでも頻繁にヒットする「走って快適な道」という認識です。 ※昭和61年には旧建設...

ドローンをスマホで撮ろうとしたら、「ちょっと写真はごめんなさい」って断られました。

まぁ、色々世間を騒がせたドローンですし、何かあるんでしょうけど最近凄く欲しいです。

マルチコプタ―って言われるだけあって、羽根の音は結構気になったんですけど、しっかり空中で止まっていられるあたり、凄いなぁって思いましたね。

スピードも最高80km/hくらいで飛べるらしい。

あくまでプロ用は。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




ドローンの値段

インターネットで「ドローン」を検索すると、安いものは1万円くらいから出てきます。

というより、トイザらスでも売ってたぐらいですし。

正直こんなに安いの?と疑いたくなるんですけど、安いものはそれなりだろうけど。

自分が欲しい撮影用とか、カメラ付きでも検索すればいくらでも出てきます。

撮影となるとホバーリングの飛行制度も求められるので、必然的に高くなって、結局買うとい

う決断には至りそうにないですけど。

DJIのドローン

DJIのドローン

これはDJIというメーカーのドローンです。

いろんな条件がありながらも最大16分間飛行可能、それでいて最高は時速50km/hで飛行も可能で、顔認識してくれるっぽいし、バッテリーが少なくなったり、電波が途切れたら帰還モードも付いてる優れ物。

どちらも製品の最高性能を謳ってる数字でしょうから、半分くらいの数字を思ってた方が良さそうですけどね。

値段も新型の一眼レフくらいの値段です。

ドローン操縦者へのモラル

ドローン操縦者によるモラル

一時期はAmazonがドローンで配達するとか話題性の高い商品でしたけど、便利さの半面の方が取りざたされてるような気がします。

というより、一般家庭の一般生活してる人にドローンって必要性感じませんしね。

せいぜい必要があっても、子供のおもちゃとして飛行用ラジコンっていうレベルでしょ。

トイザらスに売ってたのも、そういうレベルのものだったし。

ドローン規制法とかもそのうち出来る(出来てる?)でしょうし、墜落時の第3者に対する保険だとか、賠償責任だとか厳しくなるでしょうね。

正直、自宅の窓の外にドローンが飛んでたら怖いです。

どこから見られてるか分からないし、ネットで即座に全世界に拡散される恐れも当然ありますから、使う人のモラルがかなり求められそうですね。

飛ばす場所とかもそのうち規制されていくんだろうなぁ。

まとめ

ドローンは高くないけど、操縦者へのモラルも問われそう。

いずれ本格的に規制する法律などは出来そう。

空撮用には一眼レフと同じくらいの価格帯が良さそう

▽ドローンの無料操縦体験に行ってきました

ドローン操縦の無料体験イベントに行ってきた

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする