XJRのエンジンの塗装は耐熱塗料が2本くらいあれば足りるかなぁ

憧れのバイク用のガレージを単管でDIY エンジン塗装

本格的にエンジンの塗装に着手したいと考え始めてまして、ちょっといくつか課題をあげてみたいと思います。

スポンサーリンク

耐熱塗料

まずはこちら。耐熱塗料の問題。

以前も記事にした通り、耐熱塗料にも色々あります。(≫有力な情報をいただきました)

なぜ、この問題で止まってるかというと、学生時代に耐熱塗料で色を塗ったマフラーがボロボロ剥がれて、結構無残な姿になってたんです。

なので、あの姿が自分の愛車のエンジンにおきると、最高に嫌だなぁというわけです。

ネット上ではオキツモとかLAVENとか、トップヒートなんかも上がってますけど、特にトップヒートは近くで手に入れる場所がなさそう。

他にも調べてると意外に評判いいのが、ホンダの半つやブラックです。

なので、こちらの商品を使おうかと思ってます。

下地作り

どんなによい塗料にめぐり合えても、今の塗装面がはがれてきたら同じことです。なので今の塗装面は極力落としたい。

サンドブラスト掛けてからっていうのがベストみたいですけど、そこまでするなら業者に出してる話で、そこまでの費用は掛けられません。

なので、とにかく手作業で極力落としたいと思います。

ただ、ブラシが入るところはいいとしても、フィンの間にはブラシは入らないし、思案のしどころ。
果してどこまで落とすべきなのか?

恥ずかしながら、バイク暦20年を越える私も、タンクを外したことがないのです。なので、タンクが外せるのかどうか・・・(≫タンクのはずし方)

あとはマフラー

マフラー交換は自分自身でした事ありますけど19の頃だし、今のXJR自体これだけ年月が経つと、焼きついてしまってるだろうから果してボルトが緩むのか?

最悪外れなかったらどうなるんだという不安。

乾燥・焼き付け

これは最初の塗料の課題にもかぶるんですけど、乾燥時間と焼き付けの問題。

ガレージで塗装するわけでもないので、天気の問題もあります。

さらに焼付けって、ただエンジンをかけてればいいだけなのでしょうか?

水冷と違って空冷の場合かなり熱くなりますから、ほぼ大丈夫な気がしますけど。

バイクのエンジンの自家塗装するときの最大の難点は焼き付けか?
バイクのエンジンの塗装の剥がれによる悩みをお持ちの方は多いと思います。 実際私も何年も悩み、ようやく重い腰を上げ自家塗装に踏み切りましたが、いろいろ調べる中で、最後の不安は耐熱塗料の焼き付けという作業に関することでした。 オキツモの~続きを読む~

課題は山盛りです。

下地処理、養生、塗装などの工程には時間の問題もありますし、外したパーツをどこにおくか。

言い出したらキリがなくて、やる気ないだろ?って言われそうですけど、今葛藤状態なんです。


▽いよいよやります

バイクの塗膜の剥がれたエンジンをDIYで自家塗装に挑戦~準備編~
塗膜が剥がれたエンジンにお悩みの方はいませんか?エンジンを載せたまま自家塗装に挑戦しました。準備から仕上げまでの手順を紹介します。

コメント