アメリカのオバマ大統領がとうとう被爆地の広島に訪問

コラム

2016年5月27日、伊勢志摩サミットが終わり、オバマ大統領の岩国基地からヘリコプターで西広島飛行場経由で、広島に訪問しました。

我々、広島で生活しているものとすると、道路が規制されあちこちで渋滞が起きて大変な一日でしたが、それ以上に警備に当たった警察関係の皆様、お疲れ様でした。

本当に多くの他県ナンバーの警察車両がここ数日広島に集まってました。

私が一番見かけたのは熊本かな?

熊本も大変でしょうに。

スポンサーリンク

オバマ大統領が慰霊碑に献花

さて、TVでもご存知の方が多いでしょうが、原爆資料館や平和公園の訪問、慰霊碑への献花されました。

核保有国であり、おそらく世界最強の国、そして人類に対して初めて原子力爆弾を投下した国のアメリカ代表がここへ来るという事は大変な意義があった様に思いますが、大統領が被爆地を訪れることはアメリカとしても非常にデリケートな問題なんでしょうね。

それにも関わらず広島を訪れることを決めたことの裏には、「謝罪を求めない」という広島側の思いもかなり大きく寄与したようです。

オバマさんも任期が短いから・・・とか言う人もいますけど、現職の間にここへ来てメッセージを残したと言う事は十分価値があったと思います。

謝罪のスピーチはなかった

スピーチの中に謝罪の言葉は含まれませんでした。

世界の大国アメリカが戦時中の話に、間違いを認めるようなことになる謝罪を盛り込むことはないと思ってました。

それよりも今更、謝罪だ賠償だと某国のようにいつまでも求めるよりも、その時に何が起き、どうなったのかを直接目で見てもらうことのほうが価値が高いと個人的には思います。

被爆者の方たちの多くも、アメリカ大統領の謝罪よりも二度と核を使わないようにという非核化への希望を凄く訴えていることに感動しました。

戦争を知らない私達世代にも心に残る一日に

愛媛出身の母は8月6日、瀬戸内海を挟んできのこ雲が見えたと言っていました。

私は戦争も経験していない世代ですし、親族に被爆者がいないからこんなことが言えるのかもわかりませんが、アメリカ大統領の広島を訪問したことの価値があったというのも、大変な思いをした世代に対して失礼な話かもしれません。

でも、中にはこんな人達も。

「オバマ大統領は謝罪しろ! 賠償せよ!」≪yahooニュース リンク切れ

原爆投下したのはオバマさんじゃなかろうに。

スポンサーリンク

いつの日か核の必要のない時代が来ますように

きっとアメリカが持つ以上、ロシア、中国は持ち続けるでしょう。

さらに北朝鮮も先日核保有国と暗に認める発言があったようですし、少なくとも核のない世界というのはやってこないと思います。

でも今回のことが世界非核への道になるのであれば、謝罪以上に価値あることだと思いますし、広島に住むものとして非核化される日は期待したいと思います。

つい2週間くらい前まで新緑の黄緑色の葉っぱだった木々も、すっかり濃い緑になってきました。

まだまだ木陰が涼しい時期。

1年を通して気持ちの良い季節ですが、じきにまた暑い夏がやってきます。

今までとは違った意味を持つ終戦の日がやってくるのでしょうか。

スポンサーリンク
フォローする
プロフィール
この記事を書いた人
taro

気付けば40代中盤に差し掛かり、25年を越えたバイクライフや趣味の楽器やDIYに関した記事を投稿しています。
保有資格:原付 普通自動車 普通二輪 大型二輪 2級建築士 第2種電気工事士 1級建築/土木施工管理技士 2級FP 宅建士

フォローする
バイクのある生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました