軽の箱バン(スクラム)がうるさいからの静音に挑戦

助手席の下をデッドニングしたところコラム
コラム

昨年の夏に新車になった社用車、マツダのスクラム。

いかに高価な装備は必要ないとはいえ、この令和の時代に窓も手動のくるくるメカ、オーディオもスピーカー一体式と、通勤もまかなう車にしては貧相すぎる・・・。

ということで、オーディオを変えて、スピーカー付けて、そのついでにデッドニングまでしちゃったのです。

スズキのオーディオレス車に社外のオーディオを取り付けてみた
今回自分の使う社用車に選んだオーディオ機器はこちら。すべてカロッツェリア製(パイオニア)でブルートゥース対応のデッキMVH-5600、16cmコアキシャルスピーカー、そしてスピーカーをそのまま取り付けたら窓を開けたときにス~続きを読む~
軽バンのフロントドアをデッドニングしてみた
今回は社用車をワンランク上のオーディオ環境にするためにデッドニングに挑戦してみました。デッドニング自体は20年くらい前に一時期流行ってましたが、その後車のスピーカーシステム自体が向上したことなどから、最近はあまり聞くことがなくなっ~続きを読む~

まあ、車バカというのは基本的に治らないもんですねww

ですが、デッドニングに使ったこちらの商品が安い割にはたくさんあって、半分くらい残ったのです

デッドニングに使った制振材のあまり

この型は4速ATになって、以前のモデルと比較するとかなり静かになっています。

ただどうせならほかのところもデッドニングしてスクラムをもっと静音化してみようということになりました。

スポンサーリンク

軽バン(スクラム)の静音化をしてみる

静音化する目的は、せっかく買ったデッドニングの材料を無駄にしないということもありますけど、うるさい車より静かな車のほうが乗っていても疲れにくいし、何より音楽もより高品質で聴けるという期待をしています。

フロントの足回り

まず一番に考えたのは運転席より前の部分の静音化。

特に足回りの方からはタイヤノイズなんかも入ってくるのではないか?と考え、フロントの足回りをデッドニングしてみました。

元々ここは足回りということもあって、タイヤハウスの中からゴム状のものが吹き付けられているので、堅そうな音はしてました。

スクラムのフロント足回りのデッドニング

なので、ここはほとんど体感できるほどは効果なし。

ついでにこの足回りの内張りをはいだ時に先立って取り外したステップにも取り付け。

軽バン(スクラム)のステップをデッドニング

ここもこの程度ではほとんど効果は感じられませんでした。

スクラムの荷室やリアまわりのデッドニング

こちらは荷室のリアゲートを開けて、右側のパネルを取り外したところと、デッドニングしてみたところ。

内装の取り外し自体は3分ほどですし、デッドニング自体もしやすい場所ですが、これも効果があったかというと運転席から遠い部分なのでほとんど体感することはありませんでした。

もちろんリアゲート自体もアウターパネルはデッドニングしてます。

後部座席下のスペース

後部座席の下、以前のモデルは収納として使えたのですけど、このモデルは盗難防止装置なのか安全装置なのかわかりませんけど、機器が取り付けられていて、収納スペースとしては使えなくなりました。

が、のぞいてみると鉄板むき出して、叩いてみてもよく響く・・・

ということでここもデッドニング。

スクラムの後部座席下のスペース

が、ここも体感できるほどの効果はなく、どんどんシートが減っていきます。

運転席や助手席の下をデッドニングしてみる

残りもあまりなくなってきて考えました。

どこからの音が一番不快で大きいんだろう・・・

そこで一番大きな原因となっている音を考えたところ、エンジン音という結論に行きつきました。

下の左の写真は運転席を開けたところ。

スクラムや同型のエブリーは運転席の下にエンジンがありますので、簡素な断熱材のようなものが取り付けられています。

そして右の写真はその断熱材を取り外したところ。

取り外し方は、3つあるツメのうち、左写真の上のツメを手で起こしてやることで簡単に外せます。

さらにこちらは助手席の断熱材を取り外したところとデッドニングしてみたところ。

はたして効果は・・・?

う~ん、イマイチ・・・

ただ、ほかの部分と違って静音効果はなかったものの、整音効果はあったかなと。

エンジン音独特のカシャカシャというような高音域のものは減ったように感じます。

消音目的で断熱材のグラスウールを入れてみる

発生する音を抑えられないなら、発生した音を吸収してしまえということで、現場に余ったグラスウールを外装パネルの中に入れてみました。

こちらは荷室の外装パネルの中に入れた写真です。

軽バンのパネルの中に断熱材のグラスウールを入れてみる

やった分効果を感じたいという思いはありますけど、体感するほどは効果もないのが実情。

これをドアパネルの中に入れたりすればもっと効果は出ると思いますけど、窓から浸水する前提で考えるとグラスウールはおすすめできません。

スポンサーリンク

今後はもっと吸音ということを考えてすすめてみる

本当は屋根部分もやりたいんですけど、さすがにまた材料を買って、屋根を取り外してということまでは考えてないです。

ですけど、まだこの先何年も乗らされる相棒なので、今後は吸音ということを考えてやってみたいと思います。

例えば後部座席の下の空間には、こういった波型のスポンジ状の吸音材をいれて音を吸音させてみるというのも一つの方法です。

波型になっていることで表面積が増えるので、吸音効果はかなり期待できるのではないかと。

さらに運転席の下のデッドニングではプラシーボかもしれませんけど体感できるものがあったので、内張りのシートの下にエンジンを包むようにニードルフェルトと呼ばれるような吸音材を敷きこむのも効果は期待できそうな気がします。

助手席の下をデッドニングしたところ

あとはワゴン用のパーツを使ってみるということ。

こちらの写真では、助手席の下にエンジンがありますけど、その下はアスファルトです。

例えばワゴン用のパーツでエンジン下のアンダーカバーがあれば、走行風による音にも効果はあるのかなぁと。

後はエンジン回りの鉄板に静音シートを貼ってみるのもいいかも。

たぶん車の静音化って、ここだけやれば劇的に変わるっていうところはなくって、こういう地道な積み重ねの結果だと思うのでまた続編ができればご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
フォローする
プロフィール
この記事を書いた人
taro

気付けば40代中盤に差し掛かり、25年を越えたバイクライフや趣味の楽器やDIYに関した記事を投稿しています。
保有資格:原付 普通自動車 普通二輪 大型二輪 2級建築士 第2種電気工事士 1級建築/土木施工管理技士

フォローする
更新情報はこちらから確認できます。

▽ブログ村で読者登録する
バイクのある生活 - にほんブログ村
▽ツイッターをフォローする

ブログランキングに参加しています。

応援していただけると喜びます

にほんブログ村

バイクのある生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました