冬の簡易防寒着としてのヤッケの魅力を伝えたい

スポンサーリンク

ヤッケってご存知ですか?

目にしたことはあっても、意識したことないから何のことを言ってるか分からないという人も多いかもですよね。

ヤッケは一番上に着るもので、身近なところならホームセンターなどでも購入できますけど、作業着販売店などへ行くと、もっと安く購入することが出来ます。

私は建築業界にいるにも関わらず数年前までは着ることがなかったんですけど、一度着たら冬場に手放せなくなってしまいました。

すっかりお気に入りの防寒具となって、どうしてもこの魅力を誰かに伝えたいと思うほどになってしまいました。

ヤッケの魅力は以下の様なものがあります。

  • 風を通さないので暖かい
  • 服が汚れない
  • 少しの雨なら簡易の雨具になる
  • 薄手なので、着ていて邪魔にならない
  • 安い

ちょっとでも試してみようかなと思っていただけると嬉しいです。

特にバイクの場合には、思いのほか冷え込んで、寒さに耐えられないという時にも簡単に手に入れることもできますしおすすめです。

スポンサーリンク

風を通さないので暖かい

ヤッケの素材はナイロンで出来ている物が多く、大半の商品が風を通しにくく出来ていますので、ヤッケの下の空気層が守られるので、少々風が吹いても寒さを感じることがありません。

また、動くことで自分から発する熱をヤッケの下に貯めることが出来るので、動くほどに暖かいのです。

服が汚れない

作業などをするとヤッケ自体は汚れますが、服が汚れません。

冬場はどうしても着る物がごつくなりますし、重ね着をする関係で洗濯物が多くなります。

その上乾きにくいという時期的なものもありますけど、汚れないので洗濯の頻度を落とすことも可能です。

また汚れたヤッケは汚れを払うこともできますし、程度によっては軽くすすいで乾かせば再使用が出来ます。

少量の雨なら簡易の雨具になる

ヤッケの素材がナイロンで出来ているため、少量の雨であればカッパの代わりになります。

継続的に降られるとさすがに浸みてきますけど、通り雨くらいの雨であれば十分です。

天候に不安がある時の作業時には最適です。

着ていて邪魔にならない

冬場にあまりごつい防寒着を着ていると、動きにくくなったりして作業に支障が出ます。

またどこかへ引っかけたり、汚したりしますし、ごつい防寒着は洗うにしても大変です。

その点ヤッケであれば着ていても邪魔にもなりません。

値段が安い

一番のおすすめは値段が安いのです。

サイズによっては小学生の遠足のおやつくらいの価格で購入できます。

汚れ方によっては使い捨てしても惜しくない価格です。

まとめ

どこでも手に入れることができつつ、暖かく何より安いという魅力のヤッケ。

屋外での作業やイベント、キャンプや釣りといったアウトドアにおすすめです。

価格も決して高いものではありませんので、ぜひ一度手にとってお試しください。

きっと私がヤッケを気にいった理由がわかっていただけると思います。

スポンサーリンク
プロフィール
この記事を書いた人
taro

気付けば40代中盤に差し掛かり、25年を越えたバイクライフや趣味の楽器やDIYに関した記事を投稿しています。

フォローする
コラム
スポンサーリンク
フォローする
バイクのある生活
タイトルとURLをコピーしました