マキタの充電式空調服「ファンジャケット」を熱中症対策に着てみたら想像以上に涼しい

マキタ空調服2018セット 日々の雑感

マキタ空調服2018セット

以前から買いたかった空調服をとうとう買いました。

私が空調服というものを知ったのは今から2012年頃だったように思います。

真夏に職人たちがこぞって長袖のブルゾンを着ているから理由を聞いたところ、ファンがついていて、空気が入るから涼しいって言ってました。

あれから長い年月を経て、とうとう私も購入しました。

スポンサーリンク

マキタの充電式電動工具

建設現場ではコードレスの充電式電動工具がかなり普及しています。

中でも私の周りで一番多いメーカーがマキタです。

電動工具のネックになるバッテリーが各社の電動工具で共通して使用できるのがこれらのメリットなのですが、マキタのほかに日立やパナソニックなどがあります。

こちらも充電工具に関する記事です。

マキタの充電式ブロワがバイクの洗車に大活躍
車と違って入り組んだ場所の多いバイクの洗車はふき取りが難しい場所などが多いです。ホームセンターなどで手に入れられるブロワがあればそんな入り組んだ場所のふき取り作業も一気に時間が短縮できます。

マキタの空調服

2018年モデルFJ310DZ

今まではファンが腰のところにあったのですが、2018年モデルから他社の空調服同様、左右の脇につきました。

マキタの空調服2018年モデル

こちらは昨年までのモデルです。

マキタの空調服2017年まで

画像引用:マキタ充電式ファンジャケット

風量大幅アップ

風量は、Lo,Mid,Hiの3モードと、ターボモードがあります。

2017年モデルではターボモードで風量が毎分1.4m3だったものが、2018年からは毎分2.2m3と風量アップしています。

また、ターボモードは1分後に通常モードに戻ります。

バッテリーの駆動時間

バッテリーの駆動時間を抜粋してまとめました。

バッテリー容量LowMIDHI
10.8V1.5Ah6.5時間4.5時間2.5時間
4.0Ah16時間11時間6時間
14.4V3.0Ah10時間7.5時間4時間
4.0Ah16時間12時間6.5時間
18V3.0Ah15時間11時間6.5時間
4.0Ah22時間16時間9時間

最近の主流は18Vが増えましたけど、まだまだ14.4Vは現役です。

そして気になるのが10.8V。

この1.5AhのバッテリーでHiモードで使用すると2.5時間しか持ちませんけど、充電時間はわずか22分です。

休憩の間に充電して反復利用ということが可能です。

 

マキタの空調服のメリットとデメリット

メリット

最大のメリットはバッテリーが兼用できることです。

恐らくマキタの空調服が気になる人は、マキタの充電工具を利用されている人だと思います。

大抵、バッテリーは2個や3個くらいはおもちのかたが多いでしょうし、その1個を空調服にと考えますよね。

また、他社の空調服になるとバッテリーが結構高価になり、新しく買おうというには少々出費が気になるものです。

デメリット

デメリットはバッテリーが重たいことにつきます。

一般に充電工具に使われているバッテリーは14.4Vとか18Vが多いかと思いますけど、3Ah相当のバッテリで、500gを越える重量というのは意外と腰に負担になります。

また、バッテリー自体が大きいのが難点です。

あと、身の回りで埃がすると、すべてファンがジャケットのなかに吸い込むので、首筋から腕にかけて埃が入ってきます。

ファンの防塵カバーもありますが、着る場所には注意が必要です。

 

マキタの空調服を着てみた感想

サイズ

180cm、体重65kg細めの私はLサイズを購入しました。

LLと迷ったのですが、冬場と違って夏場は重ね着することもありませんので、Lサイズとしました。

下の写真を見ていただけると分かると思いますけど、ちょうど良いサイズでした。

体感温度のレビュー

マキタの空調服を着てみた

猛暑日ではなく、別に着なくても何ともないような日ではありましたけど、背中から首元に掛けて風が通り抜けて、想像以上に涼しいです。

脇から首に向けて風が抜けていくので、ちょうどよい表現が見当たりませんが、風をまとっているいる感じで、真夏は無理でしょうけど首筋はひんやりと冷えるくらいです。

服自体の互換性の問題

空調服と言っても汗はかきますから、服は洗濯が必要になります。

ちなみに洗濯の時にはファンやコードは取外しますが、マキタの空調服のファンの径は約95mmあります。

一般的なサイズは85mmのようでして、服の互換性というものが効かないところが難点です。

屋外作業にはフードつきをおすすめ

購入したのは立ち襟タイプのものですが、フードつきのジャケットもあります。

屋外作業には圧倒的にフードつきのものをおすすめします。

首元に陽射しがあたるのを避けることも出来ますし、何より両脇にあるファンから、背中を通って首筋に抜ける風が、フードによって後頭部から顔の方へ風が同封される仕組みとなります。

空調服の評判

こちらはマキタの空調服ではありませんが、空調服を初めて着た時の感想に似通っていたので紹介してみたいと思います。

ツイッターでも評判です。

速乾性の長袖インナーは必須

以前も少しだけ紹介した、速乾性の長袖インナー。≫速乾性のインナー

汗を吸い取り、素早く乾かすことで気化熱による体温上昇を抑えるという仕組みで、やはりこれも建設現場では必須のインナーになってます。

空調服の中に普通のTシャツを着ただけですと、ただ風が来るだけなんですけど、速乾性のシャツを着ることで、吸い取った汗の乾燥が促進されて一段と涼しくなります。

驚きの効果があります。

バッテリー

問題はこちらのバッテリー。

バッテリーホルダーがありベルトにひっかけてますが、お尻の方に向けてコードが垂れ下がってます。

服の内側にはコードを束ねるマジックテープのベルトがありますから、いざ着るようになった時にはきちんと処理するとして、やはり重量感と重さは気になります。

マキタの空調服のバッテリー

ただ、腰道具や安全帯をつけたりすることを思うと、まあ慣れるかなとは思いましたけど、サイズ的にはどうでしょうね。

結構引っかかりそうな気もしますけど、それ以上に涼しさがびっくりです。

USB機器の充電も可能

いずれ写真付きで紹介したいと思いますが、スマホなどを充電できるようにバッテリーホルダーにUSB端子がついています。

先ほどのファンのとり回し用のベルトにはわせて使うことができます。

 

まとめ

汗をかいた職人が空調服を着たままコンビニに入ると寒いって言ってたことがありまして、それ以来ずっと気になってました。

暑いことには変わりないでしょうけど、これで全然快適さは違うと思いますね。

もっと早く買えばよかった、というのが最高の感想です。

 

熱中症予防には日ごろの生活習慣も大事です

熱中症の予防と対策のために心がけていること
夏本番を迎えると増えるのが熱中症のニュース。屋外作業をしている私が熱中症予防に心がけていることを書いています。
熱帯夜にエアコンがない部屋で少しでも快適に眠るための3つのアイテム
真夏の熱帯夜にエアコンのない寝室で眠る時、少しでも快適に眠るための工夫をまとめています。とても安価な方法ですのでぜひお試しあれ