ブログを更新しながら日本一周ツーリングをしている人に宿を提供してみたい

SeesaaからWordPressへ移行コラム
コラム

ブログって面白いもので、自分に共感できる人のブログって言うのはとても興味が沸くものです。

まして北海道ツーリングとかっていうと、自分が走ったとこ、走りたかったとこ、全く知らないとこなんてあって面白いです。

いろんなライダーとも出会ったし、ライダーハウスの人たちにはお世話になった。

そこで、日本一周ブログ。

ブログ村には日本一周のカテゴリがあって、多くのブログエントリーがあったりするのですが、今年はこちらの方のブログをチェックしてみようかと思ったりします。

ブログ村 日本一周(バイク) 人気ブログランキングとブログ検索 – 旅行ブログ (blogmura.com)

それは以前やっぱりブログ経由で知り合った日本一周ライダーのmasaくんとの話。

ブログで知り合った日本一周中のライダーを招いてみました
春先からブログを見つけてからずっと追いかけてたブロガーさんがいました。ブログを通して誠実そうな人柄を感じ、「広島に来る際にはぜひお立ち寄りください」と伝えていました。ZRXダエグ乗りの日本一周ブロガー先週金曜日、埼玉より日本一周中のZRXダ

日本一周の準備をしてる頃からブログを追っかけていて、ブログを通して彼の誠実さが伝わってきたので、近くに来た時に宿の提供をしました。

全く見ず知らずの人を家にあげるのは怖いしね・・・

たった2泊程度の短い時間でしたが、いろんな話が聞けてとても楽しかったですし、私自身北海道でライダーハウスの方にお世話になって、いつか自分も宿を提供する側になりたいと思っていたので、私としてもいい経験になりました。

持ち家の私としては、子供たちが出て行った後には部屋が空きますし、継続して泊ってもらうことで収益化させることも可能かもしれませんけど、ライダーハウスやゲストハウスというものには簡易宿泊所なる条件を満たさないといけないなどということもあり、まあ気になった人に泊ってもらうくらいのほうが負担も少なくていいかもしれません。

もう少し暖かくなり始めるとバイクで日本一周や日本縦断といった計画を実行する人も出てくるのでチェックしてみたいんですけど、なにせ最後までブログを完結する人というのもなかなか少ないんです。

途中でリタイアしたり、更新が止まったかと思ったら突然ゴールしていたり。

ちなみに以前ブログを追いかけていて一番衝撃だったのは、途中バイクが壊れたのをきっかけにバイクを買い替えてツーリングを続け、最終的にゴールしたら北海道に移住したという人。

今年は3人の日本一周ブログを見てました
今年もすでに12月。残りわずかです。さて、今年は5人の日本一周ブログを見てました。あれ?3人って書いてるじゃん?て話になるんですけど、日中移動して、晩はライダーハウスとか入るとなかなか更新できないんでしょうね。徐々に更新が止~続きを読む~

日本一周なんて多分自分の生活では無理です。

もちろん家族持ちの私にとって何日も仕事を休んで家をあけるというのはなかなか難しいものがあります。

また自分には何日も野宿する根性もないし、当ての無い旅というのは多分性に合わないんで、そもそもチャンスがあっても出来ないかもしれません。

最近はウーバーイーツで日銭を稼ぎながら旅をしている人がいるようなこともネットニュースで見かけましたし、今は中止されたけど「GoToトラベル」をうまく利用して回っている人など、いろいろ旅の仕方というものも変わってきたように思います。

なので何人かのブログに絞って追っかけてみたいし、もし縁があれば一緒に走ってみたいですね。

ツーリングの宿泊候補、ライダーハウスとゲストハウス、とほ宿
宿泊を伴うツーリングに行く時に一番に考えるのは泊まるところだと思います。ビジネスホテル以外にもライダーハウスやゲストハウス、とほ宿など比較的安価に泊まれる宿泊施設の違いについて書いています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
フォローする
プロフィール
この記事を書いた人
taro

気付けば40代中盤に差し掛かり、25年を越えたバイクライフや趣味の楽器やDIYに関した記事を投稿しています。
保有資格:原付 普通自動車 普通二輪 大型二輪 2級建築士 第2種電気工事士 1級建築/土木施工管理技士

フォローする
更新情報はこちらから確認できます。

▽ブログ村で読者登録する
バイクのある生活 - にほんブログ村
▽ツイッターをフォローする

ブログランキングに参加しています。

応援していただけると喜びます

にほんブログ村

バイクのある生活

コメント

  1. めん より:

    日本一周…ツーリングライダーのテーマ、憧れみたいなもんですよね。俺も悲願だな(´Д` )b

  2. たろう より:

    >めんさん
    是非中国地方にもお越しくださいな

タイトルとURLをコピーしました