そういえば今日は終戦の日か

8月15日は終戦の日ですね。

帰省したときにも戦争の話になりました。

母が小学1年生の頃に、下校していると空襲警報がなり、防空壕に逃げ込んだ。自宅に帰ると家の人は防空壕にまだ避難していて、下校してから一人で防空壕へ向かうのはとても怖かった。

なんて話を聞くと、本当にこの国で戦争が行われていたんだなぁ、と思う次第です。

戦争の悲惨さを伝えていく事は大事なのですが、それをどうやって伝えていくべきなのかと考えてしまいます。

最近では漫画「はだしのゲン」や映画「火垂るの墓」が本来の趣旨とは違ったとこで批判を受けているような記事を見かける事があります。

私たちの世代はまだ戦争経験者から直接話を聞く事ができますが、戦争を経験してない私達がどうやってその惨状を伝えられるのか。

1年にこの日ぐらいはそんな事を考えてみてもいいと思うのです。

 

スポンサーリンク
日々の雑感
スポンサーリンク
フォローする
バイクのある生活

コメント