迫る最終回!理想の上司はこち亀の両さんこと両津勘吉

スポンサーリンク
スポンサーリンク
理想の上司はこち亀の両さん コラム

理想の上司像ってどんなんですか?

よく、雑誌とかだと、上司になって欲しいタレントとかランキングしてますけど、個人的には「こち亀」の両さん。

スポンサーリンク

理想の上司としてのこち亀の両さんの魅力

こち亀の両さんの魅力は何といっても博識であることです。

もちろんあマンガ上のキャラクターだから作られてるのは百も承知なんですけど、いろんなこと良く知ってて、何よりあの行動力は素晴らしいと思います。

たいてい最後のオチはトンデモナイことになりますけど。

それでも、言う事は乱暴だけど、正論ですよね。

現実の世界じゃ、正しいことでも言葉にしたら間違いって事いっぱいありますからね。

何より、大原部長をはじめ上司には反抗しながらも言葉使いは気を使ってる様子ですし、中川や麗子たち後輩にも慕われているのは人柄ならではでしょう。

スポンサーリンク

いよいよ最終回 ジャンプの連載終了へ

いつかはこういう日が来ると思いましたが、とうとう連載終了ですか。

ドラゴンボールとか聖闘士星矢、北斗の拳にシティハンター、スラムダンクに電影少女・・・10代のあの頃読んでたジャンプは面白かったと思います。

今も面白くなくなった訳ではないんだろうけど、興味がなくなったせいか読むものと言えば「こち亀」だけでした。

面白いですかね??って後輩にも言われたけど、マンガというものを病院やご飯食べに行った時の暇つぶしくらいしか読まない私としては、昔ながら知ってる「こち亀」はありがたい存在でした。

ほとんど読み切りだから、前週を読まないと話が分からないとか、翌週が気になると言う事がないく、後腐れなく読めるのは非常にうれしいのです。

年下になってしまった理想の上司

主人公の両さんは設定上35歳前後と言われています。

気付けば自分が両さんより年上になってしまいました。

少し寂しい気もするけど、長い間ありがとう。

スポンサーリンク

最終回のこち亀 理想の上司の両さんともお別れ

ジャンプを購入するのは久しぶりで、インターネット上で見てもかなり売れているようです。

理想の上司はこち亀の両さん

そう、ご存知の通り40年に渡り掲載されてきた「こちら葛飾区亀有公園前派出所」がいよいよ最終回を迎えました。

自分が買い始めたころは、それこそ30年前とか。

ドラゴンボールではベジータとナッパが地球に攻めてきたころだっと思います。

幻の最終回

今回以前に最終回を迎えたことがあります。

これ、次のページでは両さんが大原部長に怒られて、ナメック星のフリーザ、ザーボン、ドドリアの前に送られてしまうというオチでした。

エイプリルフールか何かの関係だったはずだけど、連載13年の頃がドラゴンボールで言えばあの時代で、当時180円くらいだったと記憶しています。

期待の最終回

今や280円まで値上げされてたんですね、ジャンプ。

よほど私が生涯で買う週刊少年ジャンプはいよいよ最後になるだろうと思います。

肝心の「こち亀」はネタバレになるので詳しくは書きませんけど、なんか一番がっかりした展開だったと言うのが率直な感想。

個人的な終わり方の希望としては

中川、麗子、大原部長とで派出所勤務中。古いキャラクターが次々に派出所を訪れて、えらく懐かしい客が多いなぁって言いながら平和な派出所で最終回。

なんてのを密かに期待していたのだけど。

もちろん満足した・・・という人もいるだろうから、あくまで一個人としての意見ですが。

これだけの長寿漫画となると登場人物も多いし、もちろんファンも多いです。

みんなが満足する終わり方と言うのも難しいものかもしれませんね。

スポンサーリンク
プロフィール
この記事を書いた人
taro

気付けば40代中盤に差し掛かり、25年を越えたバイクライフや趣味の楽器やDIYに関した記事を投稿しています。

フォローする
コラム
スポンサーリンク
フォローする
バイクのある生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました