GPZ900Rは何であんなに魅力的なんだろう?

スポンサーリンク

個人的な趣味の話にはなるんですが・・・

欲しい単車の一つです。

GPZ900Rって何であんなに魅力的なんだろうって思いますね。

どこが違うんだろう?

実は、XJR1200買うときに迷った一台です。

そのときはやっぱり一度はリッターバイクという思いもありましたので、今のXJRになったんですけどね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




GPZ900R

GPZ900R

画像:mr.bike kawasakiNinjaリニューアル記念Ninja開発ストーリー第二のZ1を作れより

1984年に初代900Rが生産され、北米仕様にはNinjaという称号が与えられました。

何度も改良を加え最終モデルはA16となりました。

2003年に排ガス規制等々のあおりを受け、惜しまれつつ生産を終了。

登場から20年という長い期間で生産された車やバイクというのは、なかなか例を見ないんじゃないでしょうか。

スタイリング

あの四角いヘッドライトにあのカウル、スタイリングのすべてが私のツボです。

今の流線型のような丸っこいスタイルではなく、若干角ばった無骨なデザイン。

それでいて絶対的な存在感を放つあのスタイリングは魅力的です。

スペック

スペックもこのNinjaの魅力の一つですね。

国内仕様は86馬力と規制されていたものの、海外仕様では100馬力を超えるパワーを搾り出すというじゃじゃ馬ぶり。

Z1以来の世界最速の座につきました。

豊富なカスタムパーツ

20年もの間、そして今もなお愛される「GPZ900R Ninja」

それを裏付けるかのように多くのカスタムパーツが販売されています。

自分だけのオリジナルNinjaを作れるのも魅力ですよね。

Ninjaという称号

調べてみたら、Ninjaという称号が与えられた初号機なんですね。

ネット用語で言う、厨二病といわれてしまうと「そうかも・・・」といわざるをいえない気もしますけど、Ninjaというネーミングもバイク小僧の心に火をつけてしまう一つの要因だとおもいません?

なにか特別なものを思わせるネーミングなんですよ。

映画での登場

1985年のA2型は、翌年公開の映画「トップガン」で主人公のトムクルーズが乗って登場しています。

トムクルーズの登場する映画には、BMWのS1000RRだとか結構バイクが出てくる感じがしますね。

いつまでも魅力の一台となると思う

排ガス規制のせいで、GPZ900Rをはじめ中型のネイキッド勢も軒並み生産中止となってしまいました。

温暖化や異常気象の原因だといわれると仕方ないと思う反面、バイクの台数なんて圧倒的に少ないわけでそれを元から規制ってどういうつもり?と思います。

それであればよほど黒煙振りまいて走ってる大型トラックだとか、日本中でおきてる大渋滞の解消について協議した方がもっと良くないですか?

先進国の排ガス規制に引っかかった車が、途上国に流れるのを規制したほうがよほど効果があると思いませんか?

地球規模で温暖化を・・・というのであれば、新しい車だけを規制するのではなく、地球単位で車の排ガスの規制をしなければ意味ないと思うんですが。

まあ、これは愚痴です。

こういった名車が消えていくのは時代の流れとはいえ残念です。

オーナーの皆さん、大事に乗ってください。

ひょっとしたらあなたの愛車は、将来の私の愛車かもしれないので^^

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. めん より:

    GPZ…ん~かっこイイよね♪
    ZPZって乗りやすいんかなぁ? って、その前に自分、大型二輪免許かぁ(・・;)

  2. たろう より:

    ぜひ大型免許挑戦してみてくださいな。
    大型の良さやマグ菜の良さが改めて分かると思いますよ・・・多分><