同窓会で25年ぶりにあった同級生は同じライダーだった

お盆に帰省した時の一番の目的は同窓会でした。

台風迫る中、新幹線で帰省し、雨の中傘をさして参加してきました。

スポンサーリンク

同窓会。25年ぶりの同級生

中学卒業したのが15歳、あれから25年会ってない同級生ももちろんいるし、高校が一緒でそれ以来会ってない同級生もいました。

それにしても人の容姿って変わるんですね。

女の子は、もともとそうでもなかった女の子がびっくりするほどかわいくなってた子もいたし、まあ、そのままの子もいたし。

もちろん、かわいかった子がそのままかわいい子ももちろんいたけど、がっかりしたのはそうでなくなったケース。

失礼かもしれませんけど、苦労したんかなって思っちゃいました。

まあ、それは男連中にも当てはまるんですけどね。

男の場合は化粧とかしないから、さほど大きく変わったというイメージはないのですが、体型的に残念になった同級生とか、こればかりは本人のせいではないとはいえ、見事に髪がなくなった、白くなったっていうヤツはいたかな。

そんなこと言っておきながら、自分もどう見られたかはわかりませんけど、共通して言えるのは、服装などの見た目とかを意識するだけでも、年齢的な印象は全然変わるということがわかりました。

具体的には着てる服を体型にあったものにするとか、肌の手入れを意識して日焼け予防をするとか、あと髪がなくなったのは仕方ないとしても、白髪なんかを染めたりして手入れすることも有用かもしれませんね。

≫ アラフォー世代にはスローエイジングのために日焼け止めをおすすめ

≫ 40代からはじめる男性の日焼け対策

いずれにしても、また10年後同窓会があった時には、「お前変わらんね」って言われるように努力したいと決意した時間になりました。

ライダーの同級生

その同窓会でSRに乗ってる同級生がいたんです。

中学時代はあまり分かり合えなかったヤツなんですけど、やっぱり同じ趣味に走ったヤツと分かり合うには時間は必要なかったです。

お互いのツーリング話や、バイク談義、カスタムやもちろん家族の話など、すぐに話に華がさきました。

同級生とのツーリング

今度帰ってきたときには一緒に走ろうね?って根拠もなく約束したんですけど、いざ帰ったら一緒に走れるかなぁ?

その帰りには愛知から伊勢湾岸道通って、伊勢神宮寄って、熊野古道か潮岬経由の白浜経由で四国に渡って、しまなみ通って帰ってくる。

※潮岬は2017年6月に踏破しました。≫本州最南端和歌山県の潮岬にあるライダーハウス「キャンプイン潮岬」

う~ん、面白そう。

四国は過去に一周してるんで、ピンポイントで回るか、松山に大学ん時のツレがいるんで泊って帰るか? ≫ 四国ツーリング 2002

あいつのゼファーイレブンどうなったんかなぁ??

学生の時には一緒のXJR400の黒と赤でよく走ったんだけどさ。

いいな、アテのない旅ってw

 

スポンサーリンク
日々の雑感
スポンサーリンク
フォローする
バイクのある生活

コメント

  1. めん より:

    出たトコ勝負はツーリングの醍醐味。たろうさんツーリング計画・レビューも自分とても地図を片手に楽しんでます(^.^)

  2. たろう より:

    また楽しんでもらえるようなツーリングに行ってきますよ