ノリタケ製の「マ・クベの壺」が発売そして即日完売

日々の雑感

私、実は初代ガンダムが結構好きです。

あまり、自称マニアだガノタだとか言ってると、本職の人からはニワカだとか言われそうなので、この程度の表現にしておきます・・・^^;

スポンサーリンク

マクベの壺をノリタケが製作

昨日あるサイトでマ・クベの壺が発売という記事を見かけ読んだところ、なんと製作したのはあのノリタケ。

ちなみにこちらがマ・クベとその壺

今にもあのセリフを思いだしそうです

ノリタケの作ったマクベの壺のお値段

さてさて、ノリタケと言えば洋食器では世界的に有名なメーカーですよね。

壺のお値段は41,040円。

ノリタケ製の割に意外と安いと思ったのですが、そんなモンなんでしょうかね?

相場観が全然ないですけど。

で、ノリタケをWikiで調べたところ、もっと驚く事に。

どうも森村グループと言う中核企業らしいんですけど、その森村グループにはあのTOTOだとか日本碍子、日本特殊陶業(NGK)等々があり、過去にはINAXも含まれていたとか。

ボーンチャイナ

こちらのマクベの壺もボーンチャイナですが、実はつい先日百貨店で洋食器のコーナーを見ていました。

マクベの壺と同じノリタケのボーンチャイナ

これらの食器にもボーンチャイナって明記されてました。

何となくボーンチャイナというと、中国製って思っちゃいそうですけど、ノリタケのホームページではこう書かれています。

素地中に牛の骨灰(ボーンアッシュ)を配合し、酸化炎で焼成するボーンチャイナは18世紀にイギリスで発明され、日本では昭和7年にノリタケが初めて完成させました。しっとりとした気品を感じさせるクリーミーな色、清純な透明性と光沢が特徴で、高級洋食器の代名詞とも言えます。

引用:ノリタケホームページ

ノリタケの食器で食べる食事ってのも贅沢だなぁと感じて見ていた矢先の事だったので、とても興味深い出来事でした^^

マクベの壺の醤油さしバージョン

2018年2月16日、マクベの壺の醤油さしが発売されました。

マクベの壺の醤油さし

引用:ガンダムカフェ

こちらは2000円程度と安価ですから、マクベファンの方お買い求めください^^

マクベのモビルスーツ

さて、せっかくガンダムネタですから、マクベの乗ったモビルスーツのネタでも。

これも不思議な縁で、なぜかその日うちに来たマ・クベのモビルスーツ「ギャン」のプラモデルです。

 

 

多分、初代機動戦士ガンダムでは1体しか出てこなかったように記憶しています。

 

コメント