忘年会で友人と二人で悩み。40代に来て老後の心配

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コラム

去年の暮、20年来の友人と飲んでました。

お互い独身の頃はよく一緒に遊んでたんですけど、案外女が混じって遊ぶことはなかった気がします。

気付けば向こうも結婚するのが早かったので。

お互い認めるのは両極端な生き方してきたよねっていうことです。

自分は学校出て、就職して、資格を取りながら家庭を持つというありきたりな生活でした。

一方、向こうは学校出てから、職を転々としながらマルチ商法に騙されて、金も友人関係もぐちゃぐちゃになって、一時期は広島から逃げてたほどなのです。

で、ようやく6、7年まえから自分で会社を興してなんとかここまで戻ってきました。

この間に嫁さん2人いて現在バツ2で、娘も二人います。

書いてしまうとわずか数行だけど、大変な生活してたのは良く知ってます。

で、本題に入るんだけど、そんな友人が老後に備えるお金の心配をしてました。

「今まで今のことしか考えてこなかったけど、将来いつまでも働けるわけじゃないから。雇われてて退職金がある程度準備されているのと、まったくないのとでは全然違う」っていうんですね。

う~ん、大人になったね…って笑ってました。

って、実はこのブログでふと思い出してみたんだけど、そういえば2年前にも同じこと言ってました。w(≫ 40代を迎えて最初の1年!今年の抱負)

でも実際問題、私の勤める中小企業の退職金なんて言ったら、ニュースで見るような何千万もの退職金があるわけじゃないから、他人事ではない訳ないんです。

自分の親兄弟が株とかに理解がある親だったんで、自分にとって投資と言うのはあまり高い垣根ではなかったんで、自分自身ちょこちょこやってるんだけど、それでも圧倒的に老後の生活資金には程遠いです。

今年はもう少しペースを上げて資産運用してみるかなぁ。

いずれにしても、家計に影響を与えないようにバイクは乗り続けたいと思うのです。

スポンサーリンク
プロフィール
この記事を書いた人
taro

気付けば40代中盤に差し掛かり、25年を越えたバイクライフや趣味の楽器やDIYに関した記事を投稿しています。

フォローする
コラム
スポンサーリンク
フォローする
バイクのある生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました