ALESISの電子ドラムDM Lite Kitのレビュー

ALESISの電子ドラム 楽器
ALESISの電子ドラムDM Lite Kitは叩くと各パーツが光る

我が家にAmazonで買ったALESISの電子ドラムが来て、2週間ほどが経ちました。

なかなか仕事が終わってから帰って叩こうと思うと、音のこととかも心配で叩かない日も多いですけど、ドラムって思ったより楽しいです。

ドラム叩いてみたい、新しい楽器に挑戦してみたいという人におすすめの一品です。

スポンサーリンク

ALESISの電子ドラムDM Lite Kitの総合評価

価格★★★★★ネットでも最安値レベル
音質★★★☆☆ベードラの音がちょっと不満
スペース★★★★★省スペース性は重要
機能★★☆☆☆必要ない機能も多いと思う
総合★★★★☆これでこの価格なら満足

ALESISの電子ドラムDM Lite Kitのおすすめポイント

音源は10種類

プリセットされた音の種類は全部で10種類あります。

一般的にドラムのイメージの音はそのうちの4種類ですが、残りはマリンバだとかパーカッションといった音源も登録されています。

子供が叩く分にはマリンバなどの音源は、音階になってたりするので、最近ピアノを習い始めた娘は面白がって叩いています。

音に慣れる、ドラムに親しむといった意味ではよい音源だなと思いました。

外部入力端子(AUX)でMP3音源を再生できる

コントロールパネルの上部には、外部入力できる端子があります。

ALESISの電子ドラムのコントロールパネル

左から2番目の小さな穴です。

こちらへスマホをつないでやることで、好きな曲に合わせてドラム演奏を楽しむことが出来ます。

後述する、ドラムの練習機能もありますけど、やはり好きな曲を叩くのが一番楽しいのは間違いないです。

ドラムの割に省スペース

電子ドラムとはいえ、かなり省スペースです。

四畳半の洋間に置いていますけど、まったく邪魔になりません。

わずか6kgという軽さも魅力です。

ALESISの電子ドラムDM Lite Kitその他のレビュー

ヘッドフォン

私はベースドラムアンプをつないでいますけど、近所への音が心配という方にはヘッドフォンをおすすめします。

電子ドラム用にアイバニーズのベースアンプIBZ-Bを購入その相性は?
電子ドラムにギターアンプをつないでいる人はいませんか?リサイクルショップだとベースアンプはかなり安く手に入りますし、音質も段違いです。ギターアンプ破損の原因にもなりますのでぜひベースアンプの使用をおすすめします。

ただ、パッドを叩く音は思いのほか大きいようで、隣の子供部屋にも聞こえるようですので、果たしてどうなんでしょうか?

USB端子でMIDI出力

こちらはMIDI出力が可能です。

自宅の電子ピアノにもMIDI出力があったような気がしますけど、使ったことがないので私は使うことはないでしょう。

練習機能

パターン機能

ドラムは何と言ってもリズム感が問われたりしますから、練習用にメトロノーム機能は欲しいところです。

スピードは30~280まで変更することができ、一般的なメトロノーム機能は満たしています。

拍子も1/2、2/2、3/4、4/4、8/6が選べます。

メトロノームは5種類のパターンが登録されていますけど、まあ・・・1つだったとしても不満はないかな?

パターン

30種類のデモ音楽が登録されており、練習として叩くことが出来ます。

ALESISの電子ドラム

ALESISの電子ドラムDM Lite Kitは叩くと各パーツが光る

叩くところがリングのLEDで光るので、練習にはなると思いますけど、初心者には叩けないので、どちらかというと、うん、いらないかな^^;

ドラムコーチ

こちらも練習機能として、5つの練習パターンが登録されています。

Beat Check

タイミングの感覚をメトロノームにあわせて演奏する練習をします。

コントロールパネルにある、ボタンでテンポが正しいか判断してくれます。

Gradual Up/Down

ビートチェック同様なんですけど、こちらは正確に叩けていると自動でテンポが変動します。

2つのモードがあり、1ずつ変動するモードと5ずつ変動するモードがあります。

5ずつ変動するモードは明らかにテンポが変わるので分かるのですけど、1ずつ変わられてもちょっとわかりずらいく難しいです。

Rhythm Change Up

こちらはリズムがランダムに変わりつつ、叩く練習ができます。

拍子が変わっていくので、最初のうちは絶対使わない機能だとおもいます。

Follow Me

英語の通り、聞こえた音を実際に叩いてみましょうという練習です。

こちらの練習は面白いですけど、私にはまだまだ早いようです。

Drum Mute

プリセットされたデモ音源に、ドラムのパターンも組み込まれており、ハイハット、スネア、ベードラなどといった、任意のパーツをミュートすることが出来ます。

ALESISの電子ドラムDM Lite Kitの不満なところ

パッドの位置が限定される

これはどんな電子ドラムであってもそうなのでしょうけど、フレームに取りつく関係で、どうしてもパッドの位置が限定される点にあります。

特に安いセットだとテキメンなんでしょうけど、こんなものと思えば不満に感じるものではありませんが、スネアの位置だけは不満でした。

▽DIYで不満を解消しました

電子ドラムのスネアの位置をDIYで変更してみた
電子ドラムのスネアの位置に不満がある人はいませんか?この方法なら、フレームの径次第で1000円も掛けずにスネアの位置を変更できますよ。

ベードラのキックペダルの音

アイバニーズのベースアンプと電子ドラムをつないだところ

こちらはいずれ分解して解消したいと思いますけど、ベードラの踏んで離した時の物理的な音が凄く不快です。

内部構造がどうなっているのかわかりませんけど、踏んだ時にドラムのドンという音が出て、離した時にカコンという音が出ます。

私のものだけなのか、ALESISの製品自体がそうなのかは分かりません。

ベードラの音が軽い

ベードラが軽い音がします。

アンプのセッティングの問題なのか、そもそも音質の問題なのか分かりません。

まとめ

値段が値段ですから、上を見ればキリがないです。

ただ、私としては結構気にいって、時間を見つけては練習しています。

ドラムデビューをしてみたい、ドラムも叩けるようになってみたいという、主に初心者向けには最高のコストパフォーマンスの電子ドラムですので、ぜひご一考ください。

ALESISの電子ドラムのDM Lite Kitの組み立て方と各種調整
ALESISの電子ドラムDM Lite Kitを購入しました。各種パッドの調整や、組み立て方などをまとめています。電子ドラム欲しいけど、安くて大丈夫?という人におすすめの記事です。
タイトルとURLをコピーしました