人間不信に陥ってでかけた九州へのソロツーリング、繰り上げた予定で初日は福岡まで

バイクを降りることなくライダーであり続ける自分'01年九州ツーリング
'01年九州ツーリング

大型免許を取った、ゴールデンウィークに休みの都合がつきそうだった。

単純だけど逆にこれ以上のきっかけはなかったかもしれない、26歳の春

当時つるんでいた大学生たちに九州の情報を聞きだしたが、出発まで2週間という短期だったこと、当時は今と違ってインターネットというものが一部のマニア向けだった?こともあり、あまり情報もなくとにかく出発した。

とりあえずの目的は一周、というより九州全県制覇と阿蘇山、佐多岬。

ある意味行き当たりばったり立ったのかもしれないけれども、これだけの目的で満足だった。

泊るところも野営場でキャンプするために知り合いからテントを借りた。

寝袋はボーイスカウトに入っていた私にとっては身近な存在だった。

このころ初めてツーリングマップルというものの存在を知り迷わず購入。

購入したての当時は純正カラーのシルバーのXJR1200とともに走り出したのは5月2日の夕方だった。

最初の計画では3日に出発するつもりでしたが、熊本の友人が結婚のため彼女を両親に紹介して、その帰りに福岡の友人宅へ来るというので、急遽繰り上げて2日の出発となりました。

後にこの繰上げがいろんな意味で正解であったと思います。

すでに準備万端で着替えてすぐ出発したのですが、燃料注いだりしていたら想定していたより出発が遅くなりました。

途中雨に降られて、

1、夜
2、雨
3、高速
4、寒さ

という4重苦を味わいました。

ゴールデンウィークでこの寒さですから、北海道の雨天はかなり寒そうですね。

何か対策をしておかないといけないかもしれません。

結局福岡に着いたのは夜の9時ごろ。

すでに食事に出ていた友人たちと合流すべくキャナルシティへ。

実はこの二人も大学時代には一緒に走った仲間です。≫バイク乗りの友人がバイクを降りた理由は何だったのか

思い出話をしながら酒を飲んでました。

この夜は深酒した覚えはないのですが、この日の夜はあまり記憶がないので結構飲んでたのかもしれません。

ただ友人の彼女が先に眠って、福岡の友人のお母さんが「親に挨拶に行ってだいぶ疲れてるんだろうね」と言っていたのがすごく印象に残っています。

ちなみに翌朝は前日の雨とはうって変わって、晴れたとても暖かな朝でした。

友人たちに見送られてツーリングが開始します。

九州の阿蘇山麓にてはじめてのキャンプツーリング
ゴールデンウィーク、初めてキャンプツーリングを経験したときの話。多くのライダーが阿蘇の野営場に集まっていました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
フォローする
プロフィール
この記事を書いた人
taro

気付けば40代中盤に差し掛かり、25年を越えたバイクライフや趣味の楽器やDIYに関した記事を投稿しています。

フォローする
バイクのある生活

コメント

  1. 道民ライダー より:

    たろうさん、リンクありがとうございます!
    こちら北海道は、日中プラス気温となってきました。
    今日は冷たい雨が、雪を融かしています。

タイトルとURLをコピーしました