電球が切れたついでにダウンライトをLED化してみた

球の切れたダウンライトをLED化する DIY

LEDの照明器具が発売された当時はびっくりするほど高かったんですけど、最近ではすっかり安くなりました。

LEDのメリットはなんといっても省電力ですので、自宅の中で長時間使用する頻度の高い場所の照明器具はLEDさせたいと思ってました。

特に我が家の場合、入浴中も脱衣所の電気を点けっぱなしにして入浴してるので、1日の使用時間としては結構長いんです。

私自身は風呂場から漏れる明かりで十分だと思うのですが、子供が怖がるので習慣化した感じです。

そして今回電球が切れたことで、いよいよ実行します。

スポンサーリンク

ダウンライトのLED化

こちらミニクリプトンを使用するのダウンライト

電球の切れたダウンライト

クリプトン球はもの自体は安いのですが、消費電力も高いですし、すでに量販店などでは手に入れにくくなってきています。

LEDダウンライトへの交換作業

まずは電球を外します。

LEDダウンライトへの交換作業

この器具の場合、天井面を押さえつける金具がついてましたので、それを外してカバーをひっぱってやると簡単に外れます。

ダウンライトの取り外し

電線を外します。

この写真では黒白2本の電線を2組、合計4本外しますけど、1組の場合のあります。

線を抜く手順に関しては、こういった作業自体が有資格者での作業を前提とされているため割愛します

ダウンライトを取り外したところ

あとは線を戻して逆の手順で戻すだけです。

新しい器具には羽根状のスプリングがついていて、これでダウンライトを天井に固定するようになります。

LEDダウンライトの交換作業

ここまでの作業は2灯で約20分で完成です。

LEDダウンライトを取り換えたところ

点灯確認も済みました。

交換したLEDダウンライトを点灯

 

ダウンライトをLEDに取り換えた感想

つけた感想としては明るいです。

まぁ、2個のうち1個が球切れしてたんだから明るいのは当然ですけど。

器具ごと交換しなくても、ミニクリプトンの互換LEDの電球もあるんですけど、これは結構高いんです。

安いものもあるけどメーカーが不明だったりするので、「それならまるごと変えちゃえー」ってわけです。

今回の2台で3,600円ぐらいだったかな?

Φ100だったらネットでまだ安いのあったのですが。

電気代の比較

クリプトン級は40Wでしたが、新しいLEDのダウンライトは4W程度ですから、単純に10分の1の電気代となります。

簡単にいうと、1か月分の電気代が3日分になると考えると、節電効果は実感していただけるのではないかと思います。

まとめ

ダウンライトの径には各種サイズがありますので、目算で購入せず実測して購入してください。

器具自体が大きいものであればまだ天井を開口すればよいのですが、小さいものでしたら取り付けができないということにもなりません。

新しくなった気分でなんだか嬉しい。

屋根裏収納のDIYに挑戦!まずは照明器具を取付
新築以来ずっと手つかずだった屋根裏収納。ゴミだらけになってる現状を見かねてとうとうDIYを開始しました。まずは照明器具の取付です。

コメント