DIYで窓を塞ぐ内窓の作り方

DIY
スポンサーリンク

窓を塞ぐ内窓の作り方をご紹介します。

前の記事でもご紹介したように、窓は光や風の通り道、そして熱の通り道にもなります。

室温を保つといった住環境を保とうとした時に、普段使わない窓からの熱損失というのは結構ロスも大きいです。

こちらが前後の写真です

さて、作り方をご紹介していきます。

スポンサーリンク

窓を塞ぐための材料

まず、窓を塞ぐための材料です。

芯材に使う断熱材と薄ベニヤ

すでにカット済みですが、カネライトフォームと薄ベニヤです。(スタイロフォームはダウ化工の製品ですが、カネライトフォームはカネカ製品で、ものとしては同じものです)

とにかく軽量化を目的として、カネライトフォームは20mm厚、薄ベニヤは2.4mmのものを選びました。

後に紹介しますけど、吊り下げのためのヨートを取り付ける芯材には20mm×40mmの製品がたまたまあったのでそちらを使用しています。

一般には手に入れにくいと思いますので、ホームセンターにあるワンバイツーや胴縁と呼ばれる既製品サイズを使用すればよいかと思います。

芯材スタイロ厚
胴縁15mm
ワンバイツー
20mm

カット寸法については前記事を参照してください。

DIYで熱の逃げ道になる窓を塞ぐ方法
窓は光や風の出入り口でもありますが、断熱性の低い窓は熱の逃げ道にもなります。自室の窓の面積が大きく窓が塞ぎたいと思い、DIYに挑戦しました。

内窓の作成手順

内窓のパネルの接着

まずはあらかじめカットしたベニヤなどを接着していきます。

接着剤には、建築業界でも化粧パネルなどの製作で定評のあるアイカ製の接着剤を使用しました。

アイカの接着剤で断熱材を接着
接着剤にはアイカ製品を選択

こちらはコーキングガン、カートリッジガンと呼ばれるもので絞り出していくタイプになります。

再々使うものでもないし、使い捨てするつもりなら100円ショップでも見かけたことがあります。

窓を塞ぐ内窓パネルの作成
接着剤を均一につける

まずカネライトフォームに接着剤を付けていきます。

ある程度外周に、そして中の方はそれなりに。

物が軽いだけに、さほど多くつける必要はないかと思いますが、この辺りは加減してください。

本来なら両面テープも併用して、接着剤が硬化するまでの仮止めに使用するところですが、今回はこの次の過程で圧着をするつもりだったので省きました。

窓を塞ぐ内窓パネルの作成
芯材の断熱材を貼り合わせる

そして反対側も。

窓を塞ぐ内窓パネルの作成
反対側も接着する

上の写真に右側にはヨートの吊り下げ用に20mm×40mmの下地も接着してます。

内窓パネルの圧着

今度は接着したものを圧着という過程に入ります。

薄ベニヤが反ったりしてたので、両面テープよりはこちらがいいかな?と思ったのですが、結果はどうだったか分かりません。

窓を塞ぐ内窓パネルの作成
接着剤が乾くまで圧着させる

横方向に同じ厚み(今回は12mm)の板を敷き並べて、その上から角材で挟み込むという方法で一昼夜圧着しました。

角材の飛び出した両端を結束線と呼ばれる細い鉄線でくくり、釘などを使って止血する要領で絞っていきます。

結束線自体は決して高いものではありません。

窓を塞ぐ内窓をDIYする
接着剤が乾くまで圧着して固定する

全数済ませたらこのまま平面にしたまま寝かせておきます。

内窓パネルの重量は?

こうして作った内窓パネルを持って体重計に乗ったところ、7kg増となりました。

つまり1枚当たりの重量は3.5kgということになります。

カーテンレールを増設する

圧着している間に、カーテンレールを取り付けます。

ホームセンターなどに行くと、可変式のカーテンレールなどが売られていますので、そちらを使用すればよいと思います。

窓を塞ぐ内窓を取り付ける
窓を塞ぐためにカーテンレールを増設する

計3本のカーテンレールが見えると思いますが、右2本が今回使用するカーテンレールで、残りの1本は使用しなくなります。

カーテンレールの間隔は、パネルの厚みが25mm程度になる予定ですので、最低でも30mm程度は開けておく必要があります

窓を塞ぐためにパネルを取り付ける

塗料で着色する

さすがにベニヤの色では面白くないので、ギタースタンドを作った時の塗料で着色しましたが、塗料が足らず片面だけしか塗れませんでした。

ギタースタンドの変わりに壁面に吊り下げられるスペースを自作
ギターを弾く人には必須のギタースタンド。ギターが増えれば増えるほど邪魔ですよね。なので壁掛けにする為にギタースタンドを製作してみました。

まあ、屋外側になるものなので・・・

ヨートを取り付ける

今回は16mmのヨートを使用しました。

窓を塞ぐ内窓によーとを取り付ける
ヨーとは下穴をあけておくと取り付けやすい

手でねじ込むのはなかなか大変なので、一旦木ねじとドライバーで下穴を途中まであけておくと楽ちんです。

窓を塞ぐDIYが完成

DIY前

窓を塞ぐ開口部
窓を塞ぐ前の状態

こちらは窓を塞ぐ前の状態です。

DIY後

窓を塞いだ状態

写真の時点では左端から光が漏れていますけど、ヨートの締め込み具合でもう少し調整してます。

窓を塞ぐパネルは可動式

こちらが開けたところ。

必要な時には開けて風や光を取り込み、必要ない時には締めておくことで視線と熱損失を防ぎます。

DIYに掛かったコストは?

材料を手に入れられる価格によって変動しますけど、今回掛かったコストは約4,000円くらいです。

私は仕事がら道具などもありますからこの程度で済みましたけど、そうでなく副資材などを考慮するともう少し掛かるかもしれませんね。

内窓パネルの改善点

パネルの軽量化

パネル1枚当たりの重量は3.5kgほどですが、カーテンレールのコマがゴリゴリいうので、もっと軽くする必要があるのかもしれません。

軽い面材を使用する

今回は薄ベニヤを使用しましたけど、プラダンと呼ばれる薄いプラスチック製の面材を使用すると軽量に仕上がるかもしれません。

さすがに、赤や緑といった有彩色は目が疲れそうですけど、白などを使うと部屋も明るくなるように思います。

面材を片面だけにする

この窓は透明ガラスのため、外からもそれなりに見せるために両面にベニヤを貼りましたが、窓に目隠しシートを貼って、屋外側は断熱材をそのまま見せるという事で軽量化させてもいいかもしれません。

値段は高くなりますけど、3Mの製品なら、こういったカッコいいものやドット柄、もありますが、目隠しにはならないかもですね。

ただ断熱材は紫外線に弱いので、経年で粉を吹く可能性があります。

薄い断熱材を使う

今回使用したのは20mmですが、15mmにしてやればもう少し軽量化できる気がします。

隙間を小さくする

窓枠の周りにはやはり隙間が生じています。

そのためには隙間テープなどといった商品を利用するのと同時に、もっと上下のクリアランスを小さくする必要があるかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

実はこういうものがあるのも知っていたのです。

でも私としては完全に視線を遮りたかったのと、断熱性、防音性をより高めたいということもあり、今回の方法を選択しました。

ご自宅の窓を塞ぎたいといった悩みをお持ちの方は決して多くはないかもしれませんけど、一つの案としていかがでしょうか。

スポンサーリンク
プロフィール
この記事を書いた人
taro

気付けば40代中盤に差し掛かり、25年を越えたバイクライフや趣味の楽器やDIYに関した記事を投稿しています。

フォローする
DIY
スポンサーリンク
フォローする
バイクのある生活
タイトルとURLをコピーしました