屋根裏収納のDIY~最終話~

前回続くと終わって以来、続いていませんでした。

屋根裏収納のDIY第2弾
屋根裏部屋の床材には複合フローリングではなく、ビニール系の床材を選択しました。カッターで切ることが出来るし、物さえ手に入れられればDIYは可能です。

結論から言うと、最後のクロスを貼る作業はプロに任せました。

なのでDIY自体は前回で終わっていたのですが、写真を整理する中でふと屋根裏が完成した時の写真がでてきたので、とりあえず終わらしたいと思い記事にしてみました。

まずは第2弾で床を仕上げた完成形です。

手前からと奥からです。

これが厚み2mmから3mm程度の床の仕上げ材で、壁のボードのジョイントのパテまでは自分でやりました。

多分職人さんがこの上にもう一度仕上げのパテを入れてくれたはずです。

仕上げ後の写真の前に、仕上げ前の屋根裏部屋です。

※モザイク無しではお見せ出来ませんが足の踏み場のない状態です。

ゴミや不用品などは、最近になってかなり処分しました。

そして最終がこちら。

同じく手前からと奥からです。

アクセントクロスを取り入れながらクロスを貼ってもらいました。

クロスを貼る作業自体は、自分の家ならばという前提の下で言うと出来ない事はありませんけど、クロスへの糊付けや面積的なこと、仕上がりを考えると、やはりプロの仕事には遠く及びません。

自分の手で仕上げたかった気はしますけど、これはこれで最高に満足しています。

なーんだ、全然DIYじゃないじゃんと言われることを覚悟で、構想から2年となった屋根裏部屋の記事を終えたいと思います。

屋根裏部屋のDIYに関する記事

https://bikelife.work/427643589-html/

屋根裏収納のDIY第2弾
屋根裏部屋の床材には複合フローリングではなく、ビニール系の床材を選択しました。カッターで切ることが出来るし、物さえ手に入れられればDIYは可能です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク