エコカラットの結露対策に効果が期待できる目安の面積は?

DIY

エコカラットって決して安い建材ではないです。

でも「エコカラットをどれくらいの面積に貼れば効果があるの?」という疑問が生まれるかと思います。

どうせエコカラットを貼るのであれば、効果が期待できるだけの面積に貼りたいですもんね。

ところがエコカラットがどういうものか私は知ってるのでいいのですが、妻がどんなものか分からないというのでリクシルのショールームに連れて行ってきました。

最近エコカラットはいろんな種類のものが発売されてますから、色やデザインなどの実物を見るためにもいい機会でした。

エコカラットを展示しているショールームはこちらで確認できます。≫内装タイルを展示しているLIXILショールーム(外部リンク)

スポンサーリンク

室温の変化と結露の関係

さて、まずは室内にどれくらい結露が発生するかを見てみます。

冬の室内に発生する結露

中学生?の頃こんなグラフ出てきましたよね~

冬の室内に発生する結露の量

wikiによると

25度のとき最大23gの水蒸気が1m3あたりの大気中に含まれるのに対して、10度になると9.4gしか含めなくなります。

気温が下がると結露が発生するんですが、苦手な方は、次の一文だけ把握してください。

湿度100%の状態で25度に暖房した部屋を、暖房を止めて10度まで冷ますと、理屈では1m3辺り最大約13gの水滴がどこかしらに発生するという意味です。

6畳間でどれくらいの結露が発生する?

一般的な6畳間の床面積は約10㎡ですので、一般的な天井高さ2.4mとして室内の体積を求めます。

10m2×2.4m=24m3

上で紹介しました、単位体積当たりに発生する結露量は13gでしたから13g×24m3=312gとなります。

マグカップ1杯分くらいだから凄い量ですよね。

逆に10度から25度まで加湿せずに暖房すると湿度40%程度になるから乾燥した状態になるんではありますが。

そう、冬って加湿除湿を上手に使わないといけないんですよね~

エコカラットで効果が得られる目安の面積

エコカラットで自動調湿の効果

エコカラットの効果のある面積

このグラフによると、1m2当たり100g近い湿度を3時間程度で吸湿することが可能です。

と言う事は6畳当たり3m3程度のエコカラットを施工することで上の湿度100%の例で言うと結露を解消することが出来ると言うわけです。

エコカラットの目安になるメーカー推奨の面積は?

ここまでは私の机上の空論だったかもしれませんが、リクシルのサイトでも床面積の1/4程度を目安として紹介されています。

エコカラットの効果的な施工面積

引用:リクシルエコカラット技術情報試験データ

具体的に6畳間(約10㎡)であれば2~3㎡程度のエコカラットを推奨しているあたりから考えても、まあまあいい線なのかもしれません。

各部屋のエコカラットで効果が期待できる面積

自宅の図面上で、部屋の幅、長さ、天井の高さを掛けて計算してみてください。

例として、天井高さ2.4mとして目安となる施工面積を掲載しておきます。

間どり床面積エコカラットの面積
6畳9.72m26m2
8畳12.96m28m2
12畳19.44m212m2
20畳32.4m220m2

エコカラットの面積はメーカーの推奨する1/4で計算しています。

他の調湿建材との比較

一応、リクシルの回しモンではありませんが、調湿材としてよく聞く珪藻土との比較はこちら。

エコカラットの効果のある面積比較

珪藻土はもちろん、調湿壁紙とのは比べ物にならない性能ですね。

まとめ

冬の室内環境には加湿と除湿がちょうどよく行うことが必要です。

エコカラットは多湿の時には吸湿しますし、乾燥した時には吸湿した湿度を放出してくれます。

その効果は半永久ですので、臭いや結露が発生しやすい場所には最適ですね。

「エコカラットの結露対策に効果が期待できる目安の面積」のご紹介でした。

≫ 冬場の結露対策にエコカラットを大量購入

コメント