DIYでトイレの収納棚を取付。目隠し用の扉も付いてまるで作り付け

DIY

トイレって意外とかさばる物が多い割に、一般的に収納って皆無ですよね?

なので、つっぱり棚とか使って収納してる人って多いと思います。

我が家も例外ではなく、突っ張り棒だったり、窓の枠の上に置いたりしてたのですが、南海プライウッドという会社のカタログで面白いものを発見したので購入してみました。

スポンサーリンク

おすすめ!南海プライウッドのトイレ上部収納

今回手に入れたのは・・・南海プライウッドという会社のトイレ上部収納と言う商品です。

この会社の製品は押入れの棚などに結構使ってて、製品も結構面白いものを作ってるので、カタログを見てても結構面白いんです。

後付け可能のトイレの収納

トイレに収納するものと言うと、手洗用のタオルやトイレットペーパー、あと女性ならあまり人目に付くところに置きたくないものもあるかと思いますので、目隠しがしたいところじゃないかなって思います。

こちらの製品は扉も付いていて、しかも間口905mmまで1mm単位で対応、そして軽量というもので、なんでこういう製品が今までなかったかなと思うような隙間商品です。

トイレの収納棚をDIYで取付

こちらは取付前で何もありませんが、トイレのロータンクの上の壁面になります。

取付手順

説明書も同梱されていますので、手順は説明書に従って取り付けていきます。

棚板の取付

棚板を取り付けます

棚板はフリーカットになっていて、長さが自由に調整できます。

カット面は少々曲線になっても隠れますが、丁寧にカットするか、定規をつけた丸のこを使用することをおすすめします。

扉の金具取付用の下地を取付

扉の金具を取り付けるための板を取り付け


取説には、この板と棚板は下地として12mm以上の合板と同等の下地補強が必要と記載がありますが、自宅のトイレはすでに完成して住んでいるので、そこまでして補強をすることは難しいです。

なので、今回使用したのはこちらの商品。

特に下地の補強などがなくても、石膏ボードにビスを使用できます。

らせん状になったものよりおすすめできると思います。

扉をつけて完成

後は扉を取り付けておしまい

こちらもトイレの間口にあわせて、両扉の幅を切る必要があります。

この商品の気にいっているところ

扉が付いているところ

大抵トイレの収納棚というと、突っ張り棒かなんかで簡易にカーテンなんか付けて目隠ししてたりすると思います。

でも、これは扉が付いているので、小ざっぱりして見えるんです。

棚に手が届かないという難題もクリア

私達、現場サイドからすると、トイレの収納棚の高さの決定に結構悩むんです。

低すぎると邪魔だし、高すぎると女性には届かないのですよね。

で今回取り付けたロータンクの上というのは、自宅の間どり的なものもあるのですが、イメージ的にはこの高さ。

カタログの写真では天井のほうに取り付けるように載ってるんですけど、女性には届きませんって。

私からすると扉があって中のものは見えなし、何より妻にも手が届くのです。

間どりに対してフレキシブルなところ

こちらの製品は最大間口、905mmまで対応していますので、俗にいうメーターモジュールと呼ばれる間口にも取り付けることが出来るのです。

さらに、間口に合わせて切った切り口は少々ガタガタになろうとも、きちんと隠れるカバーが付属しています。

まとめ

我が家のトイレには収納がなかったので、トイレットペーパーが脱衣にあったりして、都度持ってくるような感じだったのですが、この製品のおかげでトイレットペーパーをそのままトイレに保存できるようになりました。

家づくりを考えてる方や、DIYでリフォームをしようとしている人にはおすすめです。

 

コメント