ヤマハ発動機のサイトにあるぺ―パークラフトは無料なのにクオリティーが凄い

ペーパークラフト 日々の雑感

ペーパークラフト

ヤマハ発動機のホームページ内に、無料でダウンロードできるペーパークラフトサービスがあるのをご存じでしょうか。

バイクだけでなく、希少動物や季節をテーマにしたクラフトなどがありますので、バイク乗りにはバイクのペーパークラフト、子供たちには子供たちなりにペーパークラフトを楽しむことが出来ます。

そんなぺ―パークラフトサービスが2018年9月30日を持って閉鎖となります。

 

スポンサーリンク

ヤマハ発動機のペーパークラフトサービス

ヤマハ発動機のホームページから、ショールーム>ペーパークラフトでサイトにアクセスできます。

またはこちらからアクセスしてみてください。(別窓で開きます)≫ ヤマハ発動機ペーパークラフトサイト(外部リンク)

 

超精密ペーパークラフト

ヤマハからの挑戦状と銘打って公開されているペーパークラフト。

ネット上の完成写真を見る限りでも、カクカクしたペーパークラフトのイメージとは似ても似つかないような出来のものです。

精密版との比較

V-MAXで比較しますと、1990年モデルのV-MAXの総パーツ数が精密版174に対し、2009年のV-MAXは4倍以上となる771もあり、パーツのシート数も3倍となる47枚もあります。

この数字から見てもどれだけ精密に、再現しているか想像できるかと思います。

ラインナップはこちら

YA-1(1955)

MT-10(2016)

YZF-R1M(2014)

V-MAX(2009)

MT-01

実際に作ってみた人たちのご紹介

実車サイズで作成中のツワモノ

ペーパークラフトでこのクオリティ、製作者の根気に脱帽です。

凄いです。レバーの部分を見れば想像付くと思いますけど、それだけ手間暇掛るだけの細かい作業だと思います。

精密ペーパークラフト

超精密とまでは行きませんけど、こちらも相当のクオリティです。

ラインナップはこちら

V-MAX(1990)

YZF-R1(1998)

XJR1300(2000)

DSC11(2001)

SR400(2002)

TMAX(2002)

YZF-M1(2004)

YZF-M1 50周年USエディション

YZ450FM(2005)

YZF-R1(2007)

実際に作ってみた人

多分間近で見れば気になるんでしょうけど、これだけのペーパークラフトを作り上げられるのは凄いです。

飛び出すグリーティングカード

飛び出すカードは子供のころに作ったことあると言う人は多いと思いますけど、さすがにこのクオリティのものを作ったという人はいないんじゃないかと思います

街を疾走しようよ

カードを開くとSR400が飛び出してきます。

自然を楽しもう

森の中2台のセローが停まって自然を満喫しているカードです。

春 はじめてのバイク通勤

登場バイクはシグナスで、男性バージョン、女性バージョンがあります。

秋 広大な自然と出会う旅

XT1200Z スーパーテレネを題材にしたカードです。

 

その他のコンテンツ

一応バイクブログらしく、バイクに関するペーパークラフトを紹介しましたが、こういった動物だったり、季節のイベントを題材にしたようなもの、マリンスポーツといったペーパークラフトもあります。

まとめ

これだけのペーパークラフトがこの秋には閉鎖されると言うのは大変残念です。

早速私もXJR1300のペーパークラフトをダウンロードしましたので、時間を見つけて製作してみたいと思います。

ヤマハファンの人も、そうでない人も一度サイトへ訪問してみてください。

なお、これらのペーパークラフトは個人で楽しむことを目的に公開されているものですので、商用目的や営利目的での使用、オークションなどへの出品は禁止されています。