愛車のバイク紹介~XJR1200~

シルバーのXJR1200自己紹介
スポンサーリンク

94年の年明けに衝撃のデビューを飾ったXJR1200。

当時はまだ珍しかったシルバーのボディカラーに一目ぼれして、当時乗っていたXJR400も全塗装しようとしてました。

時は過ぎて、限定解除から大型二輪と免許制に変わり、教習所で免許が取れるようになり、ついに大型にステップアップしました。

XJR
スポンサーリンク

XJR1200との出会い

当時はすでにXJR1300も出ていて、タマ数としてはXJR1300のほうが手に入りやすかったようなのですけど、テール周りのデザインがどうしても好きになれずこだわりでXJR1200を探しました。

そうして手に入れたのがこちらのシルバーのXJR1200。

シルバーのXJR1200
シルバーのXJR1200

マフラーにはSP忠男のスーパーコンバットT-drag(だったと思う)がついていました。

そのほかは全くのノーマル。

もともと黒のXJRが欲しかったので全塗装しました。

黒いほうが今も乗っている自分のバイクで、オイルクーラーやノジマのマフラー、輸出仕様のインマニをつけてあります。≫XJR1200のフルパワー化という魅惑の言葉

他にもブレーキホースとかもステンレスのメッシュホースに交換してありますし、WP社のサスペンションに交換しているのも密かな自慢ですね。≫WP社のサスペンションはそろそろオーバーホールの時期

特にトラブルも無く乗っていましたが、さすがに経年劣化には勝てそうにありません。

エンジンの塗装も剥げ始めてますし、ところどころ修理やパーツの交換が必要になり始めています。≫XJRのエンジンの塗装の剥げを解消するべく、市販の耐熱のスプレー缶を使って自家塗装に挑戦しました~準備編~

後は、この色飽きたんで全塗装したいんですが、なかなかバイクの塗装にお金を出せる裕福な家庭ではないので、なにかきっかけがあるまでは我慢です。≫14年間の色を捨てて、いよいよ全塗装終了で「新生XJR」に対面XJRの全塗の色はスイフトスポーツの青

その他の車種はこちらから

バイクライフ25年の愛車の歴史
4台のXJRが私のバイクライフを支えてくれました。そのほかのバイクの紹介も。



スポンサーリンク
プロフィール
この記事を書いた人
taro

気付けば40代中盤に差し掛かり、25年を越えたバイクライフや趣味の楽器やDIYに関した記事を投稿しています。

フォローする
自己紹介
スポンサーリンク
フォローする
バイクのある生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました