屋根裏収納のDIYに挑戦!まずは照明器具を取付

屋根裏収納にDIYで照明器具を取付 DIY

自宅の新築時、予算の都合で断念した屋根裏収納。

照明用の電源はありながらも、照明器具もなく薄暗い屋根裏です。

収納と言うのは名ばかりで、とにかくゴミでも何でも押し上げた場所になってました。

そうかと言って業者に任せる予算もないので、自分でDIYしようと先日もゴミを処分したところです。≫ 屋根裏収納のDIYはまずゴミの処分から

 

スポンサーリンク

屋根裏収納に取り付ける照明器具はLEDのダウンライト

ただでさえ天井高の低い屋根裏収納ですから、取り付けるのはダウンライト。

やりたいと思うとジッとしてられない性分なので、すぐに注文しました。

屋根裏収納に取り付けるLEDのダウンライト

LEDのダウンライトを3灯。

手にして思わず出た言葉が「小さっ」でした。

省エネ、省スペースの優秀なヤツですな

屋根裏で探し物・・・と言う事は十分考えられるので、少しでも照度を確保したいと思い、昼白色にしました。

変わるかどうかは何とも言えないところだけど、物の色は確認しやすいしね。

スポンサーリンク

屋根裏収納への照明器具取り付け

とりあえず、今後の計画を進めるためにまずは照明器具の取付です。

照明器具と電線

今回の照明器具はオーデリックの照明器具です。

屋根裏収納に取り付ける昼光色のLEDのダウンライト

今回知り合いの電材屋さんにお願いしましたが、3灯で税込4500円。

ついでに電線も分けてもらいました。

しっかりとダウンライトのほかにも1.6mmの2芯の電線も手に入れました。

屋根裏収納のDIY

天井の下地ボードの取り外し

まずは壁から出ている電線を天井に移動させるために、天井の石膏ボードを剥ぎます。

屋根裏収納にDIYで照明器具取付

剥いだところ

屋根裏収納の石膏ボードを剥いだところ

ん???

天井裏を覗いてみると、思わぬことが・・・

屋根裏収納の石膏ボード

壁のボードが張り上げてある・・・

そういえば、ハウスメーカーの人が「後々天井を高くするなら・・・ドウタラコウタラ・・・」て言ってたこのことだったのか??

とんだ誤算だった・・・

配線

仕方ないので天井裏に上がって壁のボードの上から直に電線を引っ張りあげることに。

屋根裏収納に照明の配線をする

どうにか成功v(≧∇≦)v イェェ~イ♪

屋根裏収納の配線作業

ここが一番のピーク。

器具取り付けの穴開け

後は位置を決めてダウンライトを入れる穴あけ。

ホールソーがあれば簡単なんだけど、さすがにそこまでは持ってないので、コンパスで円を書いて引き回しのノコで切ります。

▽位置決めをしてコンパスで円を書いたところですけど、ちょっと見えにくいですね。

屋根裏収納にダウンライトをつける

でもって穴から穴へ配線を通していって

屋根裏収納の照明用の配線を取りだしたところ

めんどくさかったけど、天井のボードを思い切って剥いでよかった

結線

天井に引っ張り上げた線と新しい線はこいつで結線

照明器具の結線器具

昔は圧着端子とかでしてたんだけど、コイツなら線むいで挿すだけだから簡単。

絶縁処理とかも電気工事の職人の経験でバラつきがなくていいんだろうね。

点灯

待ちに待ったこの瞬間。

屋根裏収納の照明の点灯

付いた~  ヾ(*・ω・)ノ゜+.゜★ィェィ☆゜+.゜ヾ(・ω・*)ノ

後はボードを戻して・・・

屋根裏収納に照明器具をDIYで取付

かんせ~~~い

この後片付けてて気付いたんだけど、ペンチを天井裏に忘れちゃった( ̄□ ̄;)ガビ-ン

ま、もうイイや

スポンサーリンク

次回のお楽しみ

と、この後気付いたコイツ

屋根裏収納に発見した点検口

なにやら面白そうなものを発見しちゃいましたw

また後日

屋根裏収納にコンセント増設
屋根裏部屋にコンセントを付けてみた。テレビのブースターから分岐したんですけど、使用頻度は極小のコンセントです。

注意!

一般の人の電気の取り扱いは感電や火災の原因つながる可能性がありますので、個人で行うのはやめましょう。また、自己責任において行ってください。

屋根裏収納の床の仕上げにはビニール系の床材を採用
屋根裏収納のリフォームもとうとうここまで来ました。床の仕上げ材に使ったのはビニール製のプリントタイル。デザイン性も高く傷もつきにくいというおすすめの建材です。

コメント