駐車場の溝状のスリットが雑草だらけなのでレンガにしてみる

雑草だらけの芝をレンガにDIY
DIY

前回駐車場の芝生を人工芝に変えて妻からはそれなりに評価をいただいたものの、問題はこのスリットの部分。

スリットがあることでバックしているときにどのあたりまで下がったかわかるのでありがたいのですが、それよりかはこの見苦しさのほうが辛い。

そこで今回はこのスリット状の溝部分の芝を撤去することに。

スポンサーリンク

駐車場の溝状の目地部分はレンガで代用

大きな面積のところは人工芝をひいたものの、人工芝のジョイント部分が思いのほか気になります。

人工芝のジョイントは違和感のある継ぎ目

そこで小さな面積になるこの溝の部分にはレンガを使用することに。

溝幅は90mm程度で、ホームセンターで物色したところ、こちらの1個70円ほどの安いレンガが使用できることになりました。

溝部分に使う安いレンガ

溝の芝と一緒にレンガの厚み分掘る

まずはじめに、芝を取ります。

これは前回同様の作業でいいんですけど、今回はレンガを使用するので、レンガの厚み分の土も取ることになります。

駐車場の溝にレンガを並べるために土を取った溝

実際にレンガをはめてみて、少し高く、レンガが飛び出るくらいにしておきます。

掘ったところにレンガを置いて高さを調節する

土を転圧して防草シートを敷く

それなりに掘れたら、レンガを縦にして下の土を転圧します。

レンガを並べる前に土の転圧をする

少し高いくらいにしておいたのはこのためです。

低くなればなるべく根のない土を入れて調整します。

それなりに調整ができたあとには防草シートを敷いておきます。

レンガの目地からどうせ雑草は生えてくるのですけど、レンガの下はなおさら雑草の根が残っているので、少しでも防げたらいいなと言う感じです。

レンガを敷き並べる

レンガはただ並べるだけなので、何も難しいことはありません。

問題は端っこ。

駐車場の溝の芝をレンガに変えた

レンガを切る必要が出てくるはずです。

DIYレベルの工具ではなかなかきれいに切ることはできませんけど、見た目はあまり気にしないということであれば、こういった皮スキと呼ばれるもので両面から衝撃を与えてやると割れます。

目地に砂を入れる

このままだとレンガが動くので、目地に砂を入れます。

本当は珪砂と呼ばれるもののほうがいいのでしょうけど、こちらはモルタルを練ったりするときに使用する左官砂。

上から入れながら軽くレンガを叩いてやると目地に入り込んでいきます。

レンガを敷いた目地に砂を入れる
スポンサーリンク

綺麗かどうかはわからないけど雑草だらけより遥かにマシだろ

出来上がった前後がこちら。

あんまり綺麗とはいえないけど、もとの芝がなくなって雑草だらけになってたものよりはマシになったはず。

最後、もう少し雑草になってる部分があるので、そこはそのうち考えたいと思います。

雑草の手入れで悩んでた駐車場の芝を人工芝にDIYしたい
雑草が生える庭の芝を剥いで人工芝ににDIY。車が乗る部分は痛むだろうけど、またぐような場所ならDIYでも十分耐えられそうです。
スポンサーリンク
フォローする
プロフィール
この記事を書いた人
taro

気付けば40代中盤に差し掛かり、25年を越えたバイクライフや趣味の楽器やDIYに関した記事を投稿しています。
保有資格:原付 普通自動車 普通二輪 大型二輪 2級建築士 第2種電気工事士 1級建築/土木施工管理技士 2級FP 宅建士

フォローする
バイクのある生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました