画像編集のフリーソフト「GIMP2」のインストールの仕方

フリーソフトのgimp2カメラ
スポンサーリンク

以前からGIMP2にはお世話になっていたものの、この度パソコンを新調しまして、新しくGIMP2をインストールしたので、備忘録を兼ねてご紹介します。

GIMP2はフリーソフト(無料)でありながら、フォトショップに勝るとも劣らない機能を持たせたフリーソフトです。

本格的に画像編集をするといった人ならまだしも、私のように趣味で撮影した写真を作品にしたい、初心者だけど写真を編集したいという人にはGIMP2はおすすめです。

フォトショップに代わるソフトをお探しの方には、きっと強力な武器になってくれると思います。

ぜひこちらの記事を参考にインストールしてみてください。

スポンサーリンク

GIMP2を無料ダウンロードする

GIMP2はこちらの公式サイトからもダウンロードできますが、私は窓の杜からダウンロードしました。

GIMP2をダウンロードする

上の画面で、右側にある窓の杜からダウンロードのボタンを押すとダウンロードが始まります。

GIMP2のダウンロード中

ダウンロードフォルダにGimp2が保存された

左から2番目にGIMP2がダウンロードされました。

GIMP2をインストール

上のファイルをダブルクリックすると、下のような画面が出てきます。

GIMP2をインストールする

こういうのが出ると、どっち?って悩むんですけど、上の「all user」を選んでください。

言語の選択が出てきます。

GIMP2の言語を選択する

選択肢の中に日本はありませんので、ここでは「English」で進めてください。

こちらの画面で「Install」をクリックするとインストールが始まります。

Gimp2のインストールが始まる

セットアップが始まります。

下のインジケーターが埋まるまでしばし待機です。

GIMP2をインストール中

おめでとうございます。

インストールが完了しました。

GIMP2のインストールが完了

GIMP2を立ち上げる

さて、GIMP2を立ち上げます。

心配なのは、インストールの際に言語を英語を選択したことではないかと思います。

こちらはGIMP2の立ち上げ中の画面ですが、ところどころにある言語は日本語になっているのが確認できると思います。

Gimp2の立ち上げ画面

こちらが動作画面。

Gimp2の操作画面

上のツールバーなんかも日本語で表示されていますし、こういった本も発売されています。

このブログでもいくつか紹介していくつもりです。

無料ソフトGimp2で写真の背景に写った、邪魔な障害物を消してみよう
バイク乗りにとって愛車の写真は大事なものですよね。出先で撮ったお気に入りの写真の背景に写った障害物を消して、唯一無二の写真を作ってみませんか?
Gimp2で写真に写ったナンバーや顔、個人情報を隠す方法
無料ソフトのGimp2でブログやSNSにあげる写真の個人情報を簡単に消してみませんか?わずか5分ほどの作業で簡単に消してしまうことができます。
Gimpでプラグインやスクリプトを使わずに写真をHDR加工する方法
Gimpでプラグインなどに頼らずに写真をHDR加工してみました。慣れれば5分程度の作業で、簡単に画像編集できるのでお試しあれ。

GIMP2を無料でダウンロードするなら、おすすめは窓の杜

私も以前GIMP2をダウンロードした時には、公式ページからダウンロードしたんですけど、どれをダウンロードしていいか迷った覚えがあるんです。

でも窓の杜を経由すると心配することなくダウンロードからインストールまで完了することができました。

GIMP2以外に利用している写真編集関連のフリーソフト

RAW現像ソフトのdarktable

darktableはRAW現像を行うソフトです。

以前はRawTherapee(RAWセラピー)というソフトを使ってましたけど、個人的にはこのdarktableのほうが合うみたいです。

▽おすすめのdarktable

RAW現像のフリーソフト「darktable」のインストールの仕方
RAW現像に必要なフリーソフト「darktable」のインストールの仕方と、使っていたRawTherapeeとの比較を第一印象としてご紹介しています。

▽以前使っていたRawTherapee

RAW現像のフリーソフトRawTherapeeをインストール
一眼レフを触り始めた時から、RAW形式とは何ぞや?と疑問に思ってたのですが、RAW形式ついて知れば知るほどRAW形式の凄さを知って最近はカメラすっかりJPEG+RAWで撮影することが増えました。 ≫ RAW撮影すればホワイトバランスは~続きを読む~

比較明合成のシリウスコンプ

こちらは比較明合成を行ったり、タイムラプスを作れるソフトです。

フリーの写真合成ソフト「シリウスコンプ」を入れてみた
ホタルや花火、星空といった写真をフリーソフトを使って合成してみました。条件さえそろえば一眼レフなどでなくてもそれっぽい写真が作れますのでぜひ挑戦してみてください。

スマホで撮影した蛍の写真も、立派な写真に変えることができます。

まとめ

お金を出せば、いくらでも高性能なソフトを利用することはできるんです。

でも「自分がそのソフトで何がしたいのか」「それがそのソフトでないとできないのか?」というものの答えが出る前からそういったソフトに頼るのではなく、これらのソフトで物足りなくなった時に改めて新しいソフトへ移行していくつもりです。

これも試行錯誤する楽しみだとおもうので…。

スポンサーリンク
プロフィール
この記事を書いた人
taro

気付けば40代中盤に差し掛かり、25年を越えたバイクライフや趣味の楽器やDIYに関した記事を投稿しています。

フォローする
カメラ
スポンサーリンク
フォローする
バイクのある生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました