スマホのカメラでホタルの写真を撮ることに成功した方法

スマホでホタルの撮影カメラ
スポンサーリンク

先日、妻と子供たちと一緒にホタルを見に行ってきました。

私の目的はホタルの飛んでいる、幻想的な写真を撮ることが一つの目的だったのです・・・が、何と三脚の雲台(三脚とカメラを固定するパーツ)とSDカードを入れ忘れるという大失態をしでかしました。

せっかく持って行った一眼レフは、ただの重たい荷物になってしまったのですが、今までの経験を駆使して、スマホのカメラで撮影したところ、そこそこの写真が撮れましたので、スマホでホタルを撮る方法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

スマホのカメラでホタルの写真を撮る方法

今回はスマホ用の三脚もなく、手持ちで撮影しています。

シャッタースピードを調節できるカメラが必要

最近のスマホのカメラにもシャッタースピードが調節できるモードのあるカメラがありますが、そういった機能が必要です。

なぜならホタルの光というのは、とても弱く、長めに露光してやらないと写ってくれないのです。

私の保有するZenfoneやファーウェイの端末はできるようですが、社用で使用しているエクスペリアにはありませんでしたので、すべての機種で利用できるわけではないようです。

中にはシャッタースピードが調整できるアプリもあるようですけど、私がインストールしたアプリは連射するだけの機能で、長時間露光というわけにはいきませんでした。

呼吸を止めてホタルの写真を撮影

こちらの写真はISO200でシャッタースピード4秒で撮影しています。

スマホで撮ったホタル
ホタルの光を撮影

撮影中は息を止めて、動かないようにして撮影します。

さほど神経質になる必要ないような気がしますが、とにかく背景が黒くなるようにして20枚くらいは撮ってください。

Zenfone4カスタマイズにはF1.8という非常に明るいレンズが入っていますので、ISO200でも十分ホタルが撮影できましたけど、もしも写らない、暗いといった場合にはISOを上げてみてください。

フリーソフト「シリウスコンプ」で比較明合成

今回は上の様なホタルの写真を22枚と、草むらの写真を1枚の計23枚を、無料の比較明合成ソフトのシリウスコンプで合成しています。

ホタルが飛ぶ草むら
シリウスコンプで写真を合成する草むらの素材

そして出来上がったのがこちらの写真。

スマホでホタルの撮影
シリウスコンプで合成した写真

たまたま後ろにいた見物客がシャッターを使って写真を撮ってくれたので、それなりに草むらが写りましたけど、ホタル撮影にフラッシュはやめましょう

シリウスコンプ

シリウスコンプの使い方、ダウンロードの仕方はこちらを参照してください。≫ フリーの写真合成ソフト「シリウスコンプ」を入れてみた

まとめ

今回、せっかくバッテリーも充電していったのに、一眼レフが使えないという悲しいホタル観賞にはなりましたが、限られたアイテムの中で撮影することでホタルの写真撮影に成功しました。

三脚を使って、定点撮影できれば、もう少し違った写真も撮れたかもしれませんけど、これはこれでありかなと思う次第です。

シャッタースピードが調整できるスマホをお持ちの方はぜひ挑戦してみてください。

スマホで星空の撮影ができるのか?スマホカメラの限界に挑戦
一度は憧れる星空の撮影。実はスマートフォンでもそれなりに撮れてしまうのです。一眼レフで撮影した写真と比較してみました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました