函館の夜景をツーリングコースに入れる最大の問題点

函館山の夜景計画
計画

相変わらず貧相なイメージでしかなくて、北海道の人には申し訳ないですが、函館って夜景が綺麗なイメージです。

函館山からみた夜景の写真とか見たんですけど、せっかくなら行ってみたいです。

ほかにも五稜郭とかロックバンドGLAYの出身地でもありますよね。

せっかくなので、足を延ばしてみたいところですが、一つ大きな問題があるのです。

スポンサーリンク

函館の夜景をツーリングコースに入れる最大の問題点

北海道の中でも大きな都市で一番南に位置するのが函館。

北海道民はすぐに札幌~函館の日帰りが無理ということはわかるのでしょうけど、北海道が初めてという人にはちょっと距離感がないというのが本音ではないでしょうか。

ちなみに札幌から函館の距離はこちら。

札幌と函館の日帰りは不可能
札幌から函館の距離は300km超え
他の移動距離についてはこちらを参考にしてください
実録!北海道ツーリングで走った1日の走行距離のまとめ
私がツーリングの計画を立てる時、一番苦労したのが距離的なものでした。どの都市間がどれくらいの距離があって走れるものか想像がつかなかったので、お役にたてるようにまとめてみました。

しかも夜景がみたいとなると、どうしても泊まるところが必要になります。

なので札幌からの行きで1日、さらに戻りで1日となり、実質2日消化してしまうのです。

私が計画している8日のうち2日も消化してしまうと、残りの日程的には結構厳しくなります。

函館~襟裳付近までのフェリーとか出てるといろいろ都合良さそうだけど、そんな都合のいいフェリーもなさそうです。

函館へバイクで行く必要があるか?

函館ってバイクじゃないと行けませんかね?って考えた時に、決してバイクだけじゃなくても行く手段ってありますよね。

もちろん電車のような公共交通機関だってあるわけですし、バイクじゃないとダメ?って感じもします。

例えば今回は逃しても、将来旅行のツアーでも行くことは可能な気がするんですね。

高速道路の移動も効果は薄い

下道で無理なら高速で…

私達本州の人間は考えがちです。

が…北海道って高速道路を走る意味がないくらい下道で距離が稼げます。

あえていうと下道で80km/hはスピード違反になるけど高速なら許容されるところ。

あとはルート次第。

スポンサーリンク

ツーリングコースに函館を入れると日程にロスが発生する

北海道ツーリングするときに気になるルートの選定。

特に距離感のわからない人にとっては無理な計画を立てがちですが、間違いなく言えることは札幌から函館まで行こうとすると、片道最低1日はかかるということ。

フェリーで苫小牧に着いたとしても半日以上は必要。

戻りを考えると函館を入れて日程がつぶれるのはかなり判断が迷うところです。

結局行きました
函館山の夜景を見るためにロープウェイの駐輪場にバイクを乗り付けた
日本でも有数の夜景スポットです。ツーリング中の私はバイクで来て、ロープウェイの目の前の駐輪場に停めました。最近は過疎化が進み昔ほどの夜景じゃなくなったと残念そうに言う現地女性が言っていたのが印象的でした。
こちらも合わせて参照してください
2回目以降の北海道ツーリングでも行きたいおすすめスポットと逆に行かないところ
北海道のツーリングとなるとあちこち回りたいと思いますけど、とにかく広い。その中でももう一度行きたいおすすめのポイントとそうでないポイントを書いてみました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
フォローする
プロフィール
この記事を書いた人
taro

気付けば40代中盤に差し掛かり、25年を越えたバイクライフや趣味の楽器やDIYに関した記事を投稿しています。
保有資格:原付 普通自動車 普通二輪 大型二輪 2級建築士 第2種電気工事士 1級建築/土木施工管理技士

フォローする
更新情報はこちらから確認できます。

▽ブログ村で読者登録する
バイクのある生活 - にほんブログ村
▽ツイッターをフォローする

ブログランキングに参加しています。

応援していただけると喜びます

にほんブログ村

バイクのある生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました