無料ソフトGimp2で写真の背景に写った、邪魔な障害物を消してみよう

Gimp2で背景を消す方法カメラ
カメラ

ツーリング先で、せっかくいい場面で愛車の写真が撮れたのに、背景に人が入ってる、障害物が入ってる・・・と嘆いたことはありませんか?

バイク乗りにとって愛車の写真というのは、自分の写真より貴重な1枚というライダーは少なくないはずです。

この記事の中では無料ソフトでありながら、フォトショップに負けない機能を持ち合わせたGimp2で背景を消す方法をご紹介したいと思います。

こちらは本土の最西端に向かったときに徳山港で遊んでた時に撮影した写真です。

※すべての画像はクリックすることで別窓で開きます。

背景に障害物の写った写真
カラーコーンなどの障害物が写った写真

この背景を消すという操作が可能になれば上の写真であっても、カラーコーンのような障害物も消してしまうことができます。

Gimp2で背景の障害物を消した写真
カラーコーンなどを消した写真

え?別の写真でしょ?

そう思われる方もいらっしゃると思いますけど、下の写真の左フロントフォーク付近をご覧ください。

消し忘れたカラーコーンのバーが残っていることに気付くはずです。

一部背景に障害物が残った写真
フロントフォークの陰にコーンバーが残っている

ここまで消しておいて、なぜここへ残っているのか私にもわかりませんが、少なくともぱっと見わからない程度には消すことができます。

この記事では、この背景に写った障害物を消す作業についてご紹介させていただきますが、このソフトをインストールする方法はこちらの記事を参照してください。

関連画像編集のフリーソフト「GIMP2」のインストールの仕方

スポンサーリンク

Gimp2で邪魔な背景を消す

今回はこちらの写真で、CB1100の後方の背景に写る標識と、左の方に残る道路に書かれた白い文字?の一部を消してみようと思います。

背景の障害物をGimp2で消す方法

稚内にある北防波堤ドームの前で撮った写真です。

簡単な障害物はスタンプや修復ブラシで置き換える

いろんな方法はあるとは思うのですが、簡単な障害物を消すのに使えるのがスタンプや修復ブラシというツール。

左側のツールバーの赤丸部分がスタンプ、その隣が修復ブラシになります。

CTRL+クリックをすると、場所を選択できます。(上の写真では下の標識の左側に合わせてます(破線の丸))

それをほかの場所で、ドラッグしたままマウスを動かすと、下のように選んだところのものが全くそのまま転写されます。

Gimp2のスタンプ機能を使う
スタンプ機能は、写真の別の場所を写すことができる

この機能を使って、この写真の中にある、なるべく色合いの似たところから素材を持ってきて標識を消していきます。

スタンプと修復ブラシの違いを知っておきたい

スタンプと修復ブラシの違いは、スタンプは全くそのまま転写するのに対して、修復ブラシは修復する場所の色合いなどを調整して転写します。

例えばこちらの標識のポールですけど、スタンプで近くのコンクリートから色を取ってきたようでもこれだけ違う。

修復ブラシとスタンプではこれだけ違う

一方修復ブラシだとこれくらい。

修復ブラシとスタンプではこれだけ違う

明確に色が違うものを消す時には元の画像の色が残ってしまうため修復ブラシは不向きですが、逆に小さなものを消す場合などはこちらのツールのほうが違和感なく消せます。

明確に色が違う時はスタンプツールが有利
ポールが花壇の前にある。色が違う場合は修復ブラシでは消し切らないのでスタンプを使う。

スタンプ描写にはシフトを使うと便利

スタンプの素材を取得した後、目的の場所でクリック+Shiftを使うことで、直線的に転写できます。

Gimp2のスタンプ機能を使う
直線的に利用したい時にはShiftを使う

この場合ですと、柱に入った線などを写すときや、柱の陰の境界部分などの復元に便利です。

スマート消去を使ってみる

基本的に小さいものを消すとか、同様の色やパターンが多くあるという場合にはスタンプや修復ブラシのようなものでもいいのですけど、持ってくる元画像がない場合には非常に消すのが難しい。

今回のこの標識がまさにそれ。

サンプルより消すものの方が大きい
標識に対してまわりの背景が少ない。

そこでスマート消去を使ってみます。※プラグインが必要です。

範囲を指定してプラグインを使うとあら不思議。

GIMPのプラグインスマート消去で標識を消した

完全ではないものの消えましたね。

インストールの仕方と使い方はこちら
Gimpに無料のプラグイン「スマート消去」をいれてみよう
Gimpで背景を消すとき、スタンプや修復ブラシではどうしても消せないものや時間が掛かるものがあったので、今回無料のプラグイン「スマート消去」を導入しました。

あとはスタンプや修復ブラシを使うとここまで消せます。

スマート消去で消し切らないものは修復ブラシやスタンプを使って整えていく

にじみ機能で周辺をぼかす

左ツールバーに赤丸をしたものがにじみ機能です。

他のところから背景を持ってきたときに、色合いがなじまなかった時には、この機能を使ってぼかしてやることができます。

イメージとしては、指でこすって背景の色を伸ばすというイメージです。

標識の柱がにじみ機能を使っています。

Gimp2のにじみ機能を使って境界部分をぼかす
標識の柱をにじみ機能で消していく

小さいものなどはこれでも簡単に消せますけど、あまり多用するとのっぺりした写真になるので、個人的にはあまり好きくないです。

あとはこだわりと、時間をもって取り組めば、もっともっと精度を高くすることは可能ですので挑戦してみてください。

スポンサーリンク

Gimp2でも背景は消せるけど撮る前に確認したい

こちらが修正する前の写真。

背景の障害物をGimp2で消す方法

少し予定外にタンデムシートの荷物を消すことにも挑戦してみました。

まわりにサンプルがあればスマート消去で消せる

ネットに挟んでいたビニール袋は消せましたけど、ネットそのものを消すことには限界。

スマート消去でもまわりにサンプルが少ない場合には消せない

元の形がわからなければ戻すことはできないのです。

修正する前提でしか撮れない状態であればやむを得ない話ですけど、撮影前のその一瞬、不要なものは写ってないか?という問いかけをすることで、かなりこの手間は省けますので、写真を撮るときには気にしてみてください。

▽この本は私も持ってますけど、ネットで調べながらするよりもわかりやすくておすすめです。

Gimpに無料のプラグイン「スマート消去」をいれてみよう
Gimpで背景を消すとき、スタンプや修復ブラシではどうしても消せないものや時間が掛かるものがあったので、今回無料のプラグイン「スマート消去」を導入しました。
画像編集のフリーソフト「GIMP2」のインストールの仕方
写真や画像を編集するソフトのフォトショップと同等の性能を持ったGIMP2。無料(フリーソフト)なのでまずは手始めに触ってみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク
フォローする
プロフィール
この記事を書いた人
taro

気付けば40代中盤に差し掛かり、25年を越えたバイクライフや趣味の楽器やDIYに関した記事を投稿しています。
保有資格:原付 普通自動車 普通二輪 大型二輪 2級建築士 第2種電気工事士 1級建築/土木施工管理技士 2級FP 宅建士

フォローする
バイクのある生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました