乗らなくなったFORZAを手放したい

夕暮れのFORZAFORZA
FORZA

このブログで主に出てくるのはXJR1200、私の20年以上になる愛車です。

ところが我が家にはもう1台の相棒がおりまして、それがFORZA。

知り合いの社長さんが年齢や転倒によるケガなどでバイクを降りたのをきっかけに、私が無償で譲り受けたもの。

そんな手前、簡単に手放すわけにもいかなかったのですが、この子をまもなく手放す日が来るかもしれません。

スポンサーリンク

FORZAに乗らなくなった理由

シート下の収納が思いのほか使えない

FORZAに期待したのは、大容量のシート下の収納を利用して写真をあちこちに撮りに行きたいと思いました。

XJR1200では三脚や一眼レフは肩に掛けて走る必要がありましたが、ビッグスクーターの収納力を利用すれば安全に持ち運べると考えたのです。

ところが・・・

ヘルメットを入れたらシートが閉まらない。さらに三脚を入れようにも入らない。

ヘルメットはサイズにもよるでしょうけど、少なくとも私の愛用しているシステムヘルメットは入りませんでした。

頭でけぇーんだよw

なんとも否定もしがたいところではありますが、ヘルメットは結局シート下にあるフックに掛けることになり、三脚は肩に掛けて持ち運ぶこととなり、本来自分が期待するような使い方が出来ませんでした。

走行性能に劣る

出だしや加速に不満があった

XJRに比べると排気量の小さいバイクですし、単気筒なので走行性能が劣るのは仕方ないことなのですけど、重さのためなのか年式によるものなのか、出だしや加速に不満がありました。

そもそも私がバイクに乗る時にはある程度そういった体感的な刺激を求めることが多いので、そのギャップは大きかったです。

安定性に欠ける

加速性能なんかは仕方がないとしても怖かったのはこれ。

ホイールが小さいせいか、はたまたタンクがないスクーターならではのライディングスタイルのせいなのかわかりませんけど、コーナーリングや高速走行時には安定性が欠けてる気がして怖かったんです。

エンジンが掛からなくなった

最も大きいのはやはりこれでしょうか。

エンジンが掛からなくなったこと。

たぶん前者二つについてはエンジンが掛かればそれなりに乗ったんでしょうけど、エンジンが掛からなくなったのは決定的。

原因はセルボタンまわりの接点不良の可能性が高いかと思うので、分解して接点復活剤でも吹いておけば問題はないと思うんですけどね。

仮にそれでエンジンがかかるようになったとしても、バッテリーが高いんでそこまでして復活させる気がないというのが正直なところ。

自賠責を掛けるほど乗らない

最後はこれ。

FORZAが手元に来た時には自賠責が丸2年残っている状態でした。

そのため自賠責保険分はその後譲り受けた社長さんに支払ったのですが、それでもその2年のうちに乗った距離は本当にわずかな距離。

これではバイクを2台保有することを妻に理解してもらうのは難しいです。

スポンサーリンク

乗らなくなったFORZAを手放したい

まあそんなわけで手元にあってほぼ不動車となったFORZAなのですが、年に1度は税金がきますし、そんな大きな家でもないし駐車場で邪魔になっているのが現状です。

知り合いに譲りたい

人から頂いたものですし、全く見ず知らずの人に渡るくらいなら知った人に譲りたい気もします。

たまたま今回知り合いの息子さんが中型の免許をとりに通っていること、ビッグスクーターを買おうとしていることを聞いたので、もらってくれると嬉しいかな。

幸いいじるのが好きそうなので、いじりついでに整備して乗ってくれればそれでいいかな。

私の手元に来た時にキャリパーのオーバーホールなんかもしてるし、セル回りのメンテナンスさえしてくれればエンジンは掛かると思うし。

バイク王に相談してみる?

あとはバイク王に相談をしてみるのも手。

でも最近は以前ほどビッグスクーターの人気もないし、査定もしてくれないというような話も聞くけど、来年以降税金が掛からないように処分してくれるだけでもいいかな?

バイク屋さんに相談してみる?

XJRの整備をしてくれているバイク屋さんに無償で引き取ってもらって、バイク屋さんで売ってもらうのも可能性としてはありかな?

いろんな方法があると思うけど、来春までには結論が出せると嬉しいと思ってます。

ニューマシン「FORZA」のカスタム計画
先日のブログ記事の中でさらっと触れた面白いネタです。 とうとうニューマシンを手に入れました。 NEWだけど中古。 中古なのにNEWとはこれ如何に?? つまらない謎掛けはおいといて・・・ セカンドバイク「FORZA」~続きを読む~
スポンサーリンク
スポンサーリンク
フォローする
プロフィール
この記事を書いた人
taro

気付けば40代中盤に差し掛かり、25年を越えたバイクライフや趣味の楽器やDIYに関した記事を投稿しています。

フォローする
バイクのある生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました