ニューマシン「FORZA」のカスタム計画

FORZA

先日のブログ記事の中でさらっと触れた面白いネタです。

とうとうニューマシンを手に入れました。

NEWだけど中古。

中古なのにNEWとはこれ如何に??

つまらない謎掛けはおいといて・・・

スポンサーリンク

セカンドバイク「FORZA」をてにいれた

FORZA(フォルツァ)です。

自宅に乗って帰ってXJRと並べてみました。

初のホンダ車ですが、このライト周りのディテールは好きです。

FORZAの初期型なんであんまり大きくはないんですけど、XJRと並べてもパッと見大きさの遜色ないですね。

ただ、乗った感じとしては・・・物足りない^^;

パワーがすべてではないのですし、慣れの問題もありますので、早々に結論を出さずに、積載性とかも考えてそのうち感想を書いてみようと思います。

カスタム計画

新しい車やバイクが手に入るとどうしても悪い虫が騒ぎますね。

この習性は修正できそうにないです・・・(-ノ-)/Ωチーン

一つ言い訳をさせてもらうと、シートも掛けずに屋外保存されていたようで、紫外線や雨なんかの影響を結構受け、ちょっと見苦しいパーツがちらほら。

XJRもシート1枚で屋外保存なんですが、たったシート一枚で積み重なるダメージはかなり軽減出来るものだなぁと思いました。

さて、本当に出来るかどうか分かりませんが・・・

小物類の交換

ネジやミラーなんかの小物関係が錆が浮いてるんですよね。

やっぱり錆は劣化の代名詞。

数百円で出来ることもありますし、やっぱり綺麗にしてあげたいです。

各所塗装

ハンドルやマスターシリンダー周り、サイドスタンド、センタースタンドが錆や白化してるんで、自家塗装で艶消の黒にでも塗ってやりたいです。

錆びたマスターシリンダー

タイヤ含め黒いパーツが黒くなるだけで意外と綺麗に見えるものです。

錆びて色の剥げたマスターシリンダーを自分で再塗装
色が剥げたマスターシリンダーを塗装してみました。やはり本来黒いところを黒くするというだけで、見た目の印象は全然変わります。

外装部材の交換

結構小傷が目立つんで、大きな傷のところはやり替えたいですし、インナーカウル?とやらも紫外線で白化してるんで交換したいです。

白化した樹脂パーツ

インナーカウルは塗装だけでもいけるかな?って思ったんですけど、破損しそうなところもあるのでやっぱり交換ですかね?

バイクの白化した樹脂パーツをガスバーナーであぶってみた
カスタム計画の一つをやっと実行です。≫ニューマシンのカスタム計画≫バイクの磨きあげ計画もメンテナンスの一つ 白化した樹脂パーツ 受け取りに行ったときには野ざらしでカバーもされてない状態でした。 なので、あちこちサビなんかが出てて、~続きを読む~

テールランプ

ヘッドライト周りは好きなんですけど、このテールはあまり好きじゃないんですよね。

LED化みたいに派手な事でなく、大人のカスタムになるような感じを思ってます。

マフラー

ラインナップされてるかどうか分かんないんですけど、スーパートラップのマフラーとかどうかなって思ってます。

今の純正マフラーの溶接部分も錆も浮いてますし、そのうち穴があきそうなところもあるし。

穴開いたマフラーほど不愉快なものはないですからね。

爆音にはせず、脱純正程度の音量が好みです。

その点音量調整できるスーパートラップはベストチョイスかと。

最後に・・・これやったらせっかく大人のカスタムとか言っておいてすべて台無しにしそうなんですけどwww

全塗

希望色はキャンディレッド

キャンディカラーって可愛くないですか?ダメ??

こんな感じの色→キャンディレッド

ただ、公道を走る以上は飛び石も受けるし、次の瞬間には鉄くずになるかも知れないものなので、金は掛けず手間暇を掛けてカスタムを楽しみたいと思います。

バイクの磨きあげ計画もメンテナンスの一つ
エンジンの塗装の剥がれにはスチールウールを使って古い塗膜を落としてみるといいらしい。他ブラッシュアップ計画。

コメント