バイクの磨きあげ計画もメンテナンスの一つ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
メンテナンス
スポンサーリンク

新車登録からすでに20年が近くなってきたXJRと去年の暮れ我が家に来た時には大分色あせてたFORZA。≫ニューマシンが仲間入り

どちらも所々錆も浮いて来ていて気になってました。

そこで今年こそ綺麗にしてやろうと思いながらすでに8月です。

スポンサーリンク

磨き上げに必要なアイテム

とりあえずネットで調べてみた中で、おススメの商品の代用品を100均のダイソーで購入してみました。

真鍮ブラシ

まずは右からブラシなんですが、本命は真ん中の真鍮ブラシです。

正直、こんなもの使って大丈夫?って思うんですけど、サビの進行が進んでて浮いてるようなサビを落とすには良さそうです。

こんなとことか、ブレーキのキャリパーを少し綺麗に出来たらなぁと思っています。

サビ落としのケミカル

真ん中は錆落としのケミカル。

バイク用のサビ落としというと「花咲かG」とか有名ですけど、まずは計画の段階ですので100均の商品を試しに使ってみたいと思います。

これはブラシじゃ磨きにくそうな場所とかに使っていくつもりです。

スチールウール

右はスチールウール。

ミラーとかメッキ部分の錆落としに使ってみるつもりですが、エンジンの旧塗装面へも使ってみようと思います。≫XJRのエンジンの塗装の剥げを解消するべく、市販の耐熱のスプレー缶を使って自家塗装に挑戦しました~準備編~

こんなサビだらけになったホーンとか・・・

XJRのホーンをリフレッシュ

塗膜のはげたエンジンに使うつもりです。

もっとも、エンジンに関して最終の目標は耐熱塗料にてリフレッシュですが。

バイクの塗膜が剥がれたエンジンをオキツモの缶スプレーで自家塗装
XJR1200のエンジンを乗せたまま自家塗装に挑戦しています。塗らないところを養生した様子や塗装の進捗を写真で紹介しています。前後の工程へのリンクもあります。バイクのエンジンの塗装を検討されている方の情報になれば幸いです。

エンジンの塗装に使う耐熱塗料

耐熱塗料も、いろいろ調べてみると各メーカーから純正品として販売されているようですね。

まだ情報収集の途中ですけど、手に入れ安そうなのはオキツモとかLAVENとかですけど、ホンダ、ヤマハからも純正の耐熱塗料は発売されてるみたいです。

中でも評判が良さそうなのが、ホンダ純正の耐熱塗料のツヤ消しの黒とか半ツヤの黒ですが、結果的にはオキツモを使用しました。

問題はエンジンを丸ごと焼き入れなんてできないから、エンジンの熱だけで焼きつけるようになるんだろうけど・・・

どうなんだろうね。

徐々に磨く

どちらにしても、いきなり欲張りすぎると嫌になるので、少しずつ綺麗にしていくつもりで、気長に手を付けてきます。

錆びて色の剥げたマスターシリンダーを自分で再塗装
色が剥げたマスターシリンダーを塗装してみました。やはり本来黒いところを黒くするというだけで、見た目の印象は全然変わります。
バイクのホーンを交換する前にリフレッシュがおすすめ
車体は塗装して綺麗になりましたが、ホーンは錆びたままでした。なので錆を落として塗装をしました。リフレッシュ前後の比較写真をご覧ください。錆びたりして交換するくらいならDIYでリフレッシュしてみませんか。
スポンサーリンク
プロフィール
この記事を書いた人
taro

気付けば40代中盤に差し掛かり、25年を越えたバイクライフや趣味の楽器やDIYに関した記事を投稿しています。

フォローする
メンテナンス
スポンサーリンク
フォローする
バイクのある生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました