バイクのホーンを交換する前にリフレッシュがおすすめ

メンテナンス

せっかく全塗装して綺麗になったのに・・・≫XJRの全塗の色はスイフトスポーツの青新生XJR

塗装してきれいになったバイク

手を付けてないところはそのまま。

当たり前だけど、とてもみすぼらしいです。

とりあえず以前から気になっていたホーン。

どうよ?これ(怒)

錆びて古めかしくなったバイクのパーツ

スポンサーリンク

純正ホーンを流用しての交換

最初はホーンごと交換しようかとも思ったんです。

第一候補としてあがったのは、同じリッターネイキッドのCB1100の純正ホーン。

多分CB1300SF何かと同じだと思うんですけど、少なくともクラシックスタイルのCB1100のホーンならXJR1200にもスタイル的にあうんじゃないかと考えました。

ところが思いのほか大きそうな事や予算的な事などもあり、まずはリフレッシュをする事にしました。

バイクのホーンのリフレッシュ

ホーンの取り外し

何事も作業のしやすい環境にする事は大事です。

まずは取り外して、本格的に。

バイクのホーンのリフレッシュ作業

サビ落としのケミカルと真鍮のワイヤーブラシは何とダイソーで買った100均の商品です。≫バイクの磨きあげ計画もメンテナンスの一つ

ホーンの錆落とし

水で流しながらワイヤーブラシでサビを落とします。

ホーン表面の錆を落とした所

ちょっと分かりにくいですけど、最初の錆びた状態よりはだいぶマシになってます。

でも、所詮この程度・・・

今からサビ取りのケミカルを使いますけど、いざとなったら塗装しちゃいます。

でもそうなると、メッキ部分はどうするかなぁ。

いざっ!ホーンのサビ落とし

結論から言うと・・・

サビ落としではほぼ落ちませんでした(泣)

もっとも100均のサビ落としなんかでは効果がなかったんでしょうか?

使い方が悪かったのでしょうか?

とりあえず落ちなかったものはしょうがないので次工程へ。

艶消しブラックでホーンを塗装

真鍮製のワイヤーブラシで浮いたサビだけは落としたので、塗ってます!!

ホーンを塗装

端子部分とか、表のホーンのメッキ部分はきちんと養生して、艶消しの黒。

あくまで自宅にあったストックです。

裏面は雨が掛かるところではないので、あまり錆びは浮いてません。

なのでサッと2回ほど塗ったところです。

天気に恵まれすぐに乾くでしょうけど、塗装の工程であわてるとあまりいいことになりません。

とりあえず、のんびりと待ちます。

ホーンをピカールで磨く

ホーンの周りが黒くなって綺麗になりました。

本当はここでやめようと思ったのですけど、余計にメッキ部分のサビが気になりましたので、苦し紛れにピカールで磨いてみました。

錆を落として磨いたホーン

だいぶマシ。

はるかにマシ。

でも、どうせここまでやったんだからもう少し綺麗にならないものか・・・

固い板状のもので軽くサビのところを削ってみました。

本当にやさしくカサブタを取る位のつもりで

そうしたら、表面のサビが削れ出しました。

メッキ部のサビは本当に表面的についているだけで、そこからさらにピカールで磨く。

サビも落ちて綺麗になったホーン

ちょっといい加減イヤになりつつありましたが。

リフレッシュされて綺麗になったホーン

ホーンのリフレッシュ完成!!

一応、気休めに防錆の意味で556を吹いています。

多分、こうしてみたら一目瞭然。

ホーンのリフレッシュの比較

そのうちサビも出始めるだろうけど、今度からはこまめに処理しよう。

 

コメント