XJR1200のシートを張り替えてみた

XJR1200のシートを張り替えてみたカスタム
カスタム メンテナンス

この冬の課題としていたシートの張り替え作業。

あまり寒くなっても面倒だし、そもそもアイテムが揃ったのであればやってみようということで、シートの張り替えに挑戦しました。

結果として「この程度の作業か」という程度で、愛車を見違えるほど綺麗にしてやれたので、バイクのシートが破れた、汚れてしまったという方には参考にしていただきたいです。

またこの内容はYouTubeにも上げてますので、あわせてご覧になってみてください。≫XJR1200のシートを張り替えてみた(動画)

スポンサーリンク

DIYでシートの張り替え作業に挑戦

古いシートの皮をはぎ取る

今回の古いシートの張り替えに準備した工具は以下の4つ。

古いシートの皮をはぐための工具
  • マイナスドライバー
  • 内装はがし
  • ラジオペンチ
  • ペンチ
マイナスドライバーとラジオペンチ

この中で実際に使い勝手がよかったのが、マイナスドライバーとラジオペンチ。

マイナスドライバーでステップルを浮かして、ラジオペンチで抜けば簡単に抜けます。

実際に純正品がどれくらいの本数で止まっているかというと56本。

メーカー純正がこれくらいの本数で止まっているのだから、同じくらいは打ち込む必要があります。

ゲルザブの位置を調整する

こちらが丸裸にしたシート。

ここへゲルザブを埋め込みます。

張り替えるシートの表皮に仕込むゲルザブが到着
穴が開きはじめて、何とも汚らしくなってきたシートの表皮をDIYで交換しようと決心し、楽天スーパーセールに便乗してゲルザブを購入。ゲルザブというのは、中にエクスジェルというスライム状のものが入っているザブトンのこと。このスラ~続きを読む~

何度もシートに座ってはゲルザブの位置を確認してマーキング

この時点でマーキングをしておくと、新しい表皮を張るときに位置がずれても修正がしやすいのでおすすめです。

本当はこの後シートのアンコを削って、綺麗に埋め込みたかったのですがこちらは断念。

サンダーを使っても思うように削れなかったので、いずれ気になれば再度挑戦します。

ビニールと一緒にシートの皮を張る

こちらはルーシージャパンで購入した新しいシートと今までのシート。

ルーシージャパンの表皮との比較

パイピングの位置なんかもほぼほぼ一緒です。

ルーシージャパンで注文したXJR1200用のシート表皮のレビュー
ついつい先日のこと、シートの張り替えにDIYで挑戦してみようという思っていたのに、メーカーでの商品の欠品のために作業ができないかもしれないという事態に。最初に選んだシートの表皮は、バイク乗りなら一度や二度くらいは聞いたことがあると~続きを読む~

そして新しいシートの下地にビニールを張ります。

防水のためにシートを張る

こうすることでシートが濡れてもスポンジまで浸み込まないようにするという役割があります。

こちらのシートの皮、なかなか丁寧に作られているようで、前後の中央にV字の切り込みがありました。

前後にあるセンター表示

はじめに前後の中央を固定して、順次しわが寄らないようにタッカーを使ってステップルを打ち込んでいきます。

タッカーはステップルをレバーを握ることで打ち込むことができます。

シートの張り替え作業
ポイント

皮を固定するときに、シート本体をひっくり返したりすることがあると思います。

この際ゲルザブがずれるので、最初の透明なシートで動かないように軽く固定しておくと安心して作業が進められます。

先にサランラップで巻いておくというのも手段としてはありかもしれません。

このタッカー、ホームセンターでも一番安いものだったせいか、ステップルが最後まで打ち込まれませんでした。

飛び出たステップル

飛び出たステップルはバイクに傷を入れないためにも金づちで打ち込んだり、ペンチで押し込んでおきましょう。

このシートのベースとなる樹脂は柔らかくて入りやすいです。

ビニールを切り取る

最後はこのあまったビニールを切り取っておしまい。

シートの張り替え完了

タンデムシートの方は綺麗に張れてるんですけど、肝心の自分が座る方には中のビニールによるしわが寄ってます。

今回使ったビニールはなんと100円均一のテーブル用のもの

伸縮性に乏しかったせいなのか、そもそもこの程度なのかわかりませんが、手で触るとやはり浮いた感じもありますし、しわが気になります。

乗る時にはズボンをはいた状態で座るわけなので、実際にはさほど気にならないんじゃないかなというのを期待するところです。

XJR1200のシート表皮をDIYで張り替えてみた

スポンサーリンク
スポンサーリンク
フォローする
プロフィール
この記事を書いた人
taro

気付けば40代中盤に差し掛かり、25年を越えたバイクライフや趣味の楽器やDIYに関した記事を投稿しています。

フォローする
バイクのある生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました