YAMAHAエンブレムをタンクに貼り付ける

スポンサーリンク

全塗装から帰ってきて、エンブレムが剥がされたままのペケジェー≫新生XJR

ここんとこの腰痛もあり、今日は乗るのを諦めてずっとのっぺらぼうだったタンクのエンブレムを貼ってみました。≫腰痛持ちの腰痛持ちによる腰痛持ちのための腰痛体操

スポンサーリンク
スポンサーリンク




エンブレムを取付け用の両面テープ

両面テープは、車の外装とかに使うテープ

3Mの強力両面テープ。

3Mなのに1.5mぐらいしかない、こんなもんが650円もするんです。

エンブレムはシートの下に・・・・・

あれ?XJR1200のエンブレムが足らない。

走ってる時に落としたかな(>︿<。)

まあ、また部品として頼めばいいか。≫いよいよ純正パーツ販売終了の時がやってきました

エンブレム取付開始

古い両面テープの撤去

まず、古い両面テープを剥ぎます。

まあこの上に貼っても大丈夫でしょうけど、なんか嫌ですよね。

プチプチ切れて結構地道な作業です。

日陰でゆったり作業

悪くないなー、こんな日曜も。

ブルートゥース対応スピーカーSONYのSRS-X1

こういう地道な作業は音楽を聞きながらするもんです。

最近の相棒です。

持ち運びにも便利で、音質も悪くないので凄くお気に入りです。≫SONYのボール型スピーカーSRS-X1の使い勝手は最高に便利カスタムに要した時間は約2時間 ウィンカーは無事取り付け完了

撤去完了

やっとここまで

難儀なことです。

残りかすは脱脂も兼ねてシンナー使ってとろうかと思ったんだけど、ちょっとトラブル発生です。

YAMAHAの文字間の黒い塗装が剥げかけたので、ここは水洗いのみとしときます。

両面テープ

せいぜい15cmくらいの長さが4列分しかいらないのに、650円・・・(シツコイ?)

両面テープをはみ出さず、重ならず慎重に貼ります。

と、ここで昼メシ。

以前の両面テープを取るのに思いのほか時間が掛ってしまいました。

貼り付け

昼メシ食べてそのまま昼寝をしてしまい、思わぬタイムロスです。

午前中の場所はすでに日向になってしまつたので場所移動。

影へ影へと逃げる。

さて、最後にして最大の難関、位置決め!

エンブレム自体がタンク形状にラウンドしてるんで、それをあてにしてみる

こんな感じか?

思ったより一発でいい感じで位置も決まり一安心(^ ^)

もう一つの悩みは・・・・・

貼っといた方がかっこいいけど、片方しかないからどうしようかなぁ

結局貼るのはいつでもできるから保留。

完成

走りに行こうか、大人しくしようかと悩見ながら愛車を眺める

みんな自分の愛車はかっこいいって思うだろうけど、やっぱかっこええ(●´ω`●)

残るはエンジンの塗装かなぁ

XJRのエンジンの塗装の剥げを解消するべく、市販の耐熱のスプレー缶を使って自家塗装に挑戦しました~準備編~
空冷エンジンを積むXJR1200。エンジンの再塗装を市販の缶スプレーを使って自家塗装しました。
いよいよ純正パーツ販売終了の時がやってきました
車やバイクが古くなると避けて通れない部品の供給の中止。我が愛車XJR1200にもその影響が来たようです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする