XJR1200がヘッドカバーからのオイル漏れのため修理した話

XJR1200のヘッドカバーからのオイル漏れ メンテナンス

すでに20年前のバイクになった愛車のXJR1200。

実は私がXJR1200を買うときにはすでに1300も出ていたのですが、この後ろ姿が今でも好きなんですよ。≫ XJR1200乗りの私がXJRの好きなところをブログで語る

XJR1200の後ろ姿

そんな愛車にもいろいろメンテナンスの時期は来てて、少し前はフロントホークのシール交換しました。

で、今回の修理はヘッドカバーのところからのオイル漏れの話です。

実はフロントホークのシール交換をしたときからヘッド周りからのオイル漏れが確認できてました。

 

スポンサーリンク

ヘッドカバーからのオイル漏れ

ヘッドカバーからオイル漏れしているXJR1200

ヘッドガスケットの劣化

さて、多分ここからのオイル漏れは2回目のような気がします。

上の写真で、黒いエンジン本体とシルバーのヘッドカバーの間にはガスケットというパッキンが入っています。

空冷エンジンによる熱の影響なのでしょうか。

私以外にもこのガスケットを何度か交換しているひとは多いようです。

べたべたに漏れるんではなく、にじむように漏れてる感じですけど、徐々にこうしたパッキン類にダメージが出てくるんですね。

XJR1200、XJR1300に共通するトラブル

XJR1300のエンジン自体が、XJR1200のボア径を2mm拡大させたものですから、エンジン自体の構造などは同じです。

なので、XJR1300に関してもこのパーツへの劣化ダメージはかなり多いようです。

ヨシムラのカムシャフト

どうせ放っておいても治ることはないのですから、もっと早く出すつもりだったんですけど、ヘッドを開けるついでにカムをヨシムラのカムに換えようか?なんて馬鹿なことを考えていた結果、こんな時期になってしまいました。

XJR1200にはステージ1のカムがラインナップされていました。

主に低中速域での出力向上を目的としたものでして、ジムカーナを含め街乗りにはこの商品が良いようです。

ちなみにヨシムラのオンラインショップではすでに生産中止になっているようですが、今のままでも十分オーバースペックですし、商品のセットだけで10万円違い価格もオーバープライスです。

でも、憧れのチューンナップパーツには間違いないですよね。

エンジンの塗装の剥がれ

それにしても、1200は基本エンジンが黒いんで、年数劣化すると塗膜が取れてまだらになるのが汚いですね。

いつか塗装したいんですけど、色々気になることがあるので出来てません。

その点は1300のシルバーのエンジンはうらやましいです。

1200オーナーでも1300に積み替えてる人とかチョコチョコネットでも見かけるので、いずれオーバーホールといったことが視野に入る時には検討してみたいと思ってます。

現在はエンジンの塗装が完了しています

≫ XJRのエンジンをオキツモのスプレー缶を使って自家塗装に挑戦しました~塗装編~

ヘッドガスケットのヤマハ純正部品番号

エンジンは同型ですが、ガスケットの品番は異なります。

値段は2000円程度のものですが、この手のガスケット交換となると工賃の方がはるかに高くつきますよね・・・。

XJR1200のヘッドガスケット純正部品番号

36Y-11193-00 全年式

XJR1300のヘッドガスケット純正部品番号

5WM-11193-00 2004年~2015年

5EA-11193-00 1998年~2003年

※念のため、ご自分の年式によってご確認ください。

ヘッドカバーからのオイル漏れ修理完了

 

無事修理が完了したという報告を受けたので取りにいってきました。

ついでにちょっと遠回りして帰ってきました。

やっぱりネイキッドといえど、リッターバイクなので速いですね。

とても上まで回せる乗り物ではありません。

せいぜい4~5000も回せば十分。

その上まで回せばリッターのネイキッドの重苦しい姿とはまったく別の乗り物です。

高回転域を維持しながらコントロールしきれる自信はないです。

フルパワー化したエンジン

結構長い間放置していたバイクなんですけど、前回の車検を今のバイク屋さんで受けてから何かと愛着が湧き出した感じがします。

一つの大きな要因はフルパワーキットを組み込んだ状態で、上まできっちり回るようになったことなんですけど、ストレスのたまっていた今までの8年はなんだったんでしょうね。≫XJR1200のフルパワー化という魅惑の言葉

今からのバイクはインジェクションになったりしてますから、もっと使い勝手はいいんでしょうけど、この先も大事にしたいと思います。

▽XJR1200に起きたマシントラブルのまとめ

▽エンジンの塗装記事のご紹介です

XJRのエンジンの塗装の剥げを解消するべく、市販の耐熱のスプレー缶を使って自家塗装に挑戦しました~準備編~
空冷エンジンを積むXJR1200。エンジンの再塗装を市販の缶スプレーを使って自家塗装しました。
XJRのエンジンの塗装の剥げを解消するべく、市販のオキツモのスプレー缶を使って自家塗装に挑戦しました~塗装編~
XJR1200のエンジンを乗せたまま自家塗装に挑戦しています。塗らないところを養生した様子や塗装の進捗を写真で紹介しています。前後の工程へのリンクもあります。バイクのエンジンの塗装を検討されている方の情報になれば幸いです。
XJRのエンジンの乗せたまま、オキツモの缶スプレーを使って自家塗装に挑戦~仕上げ編~
エンジンの自家塗装もいよいよ仕上げ。ここでひと手間加えてフィンの端をうすめ液で拭き取っていきます。

コメント