プラグが原因となったトラブル。さらにプラグが逝ったその理由

スポンサーリンク

先週の日曜日、幸い、平地で助かった。≫ガス欠でバイクを押して歩くも、結果はとんでもないトラブルに発展

最初はガス欠かと思ってました。

250kgを超えるバイクを押すのは、やっぱり重たかった。

端から見たら、アイツガス欠じゃね??って感じでしょうねwww

スポンサーリンク
スポンサーリンク




原因はプラグ

さて、いつもお世話になってるバイク屋さんに、愛車のXJRを取りに行ってもらって、原因が判明。

どうもプラグらしいです。

プラグでわかるエンジンの不調

一般的にプラグを外して、白っぽかったら燃料が薄いとか、黒かったら濃いとかって言われますけど、発火するところの端子が溶けてたらしいです。

最近のインジェクション車だったら燃調はかってにCPUがやってくれるんでしょうけど、キャブはそういうわけにはいきません。

けど、基本的にはプラグのチェックをしないといけないようなチューニングはしてませんから、突然プラグがトラブルでバイクが止まるという事は考えにくいわけです。

なぜ突然プラグが?

さらにその原因は、どうも私自身がチョークを引いたまま走っていたのではないか?という結論です。

確かに、エンジン始動、暖機運転してからチョークを戻した記憶がないのです。

何たる失態・・・。

イリジウムプラグ

我が愛車は老体・・・改め、老車のクセに海外試用のフルパワー化してあるため、プラグもイリジウムプラグを使用してます。≫XJR1200のフルパワー化という魅惑の言葉

4本で約1万。

ま、するわな・・・orz

ついでにプラグコードとなると、さらに17k円。

まとめ

悩むところだけれど、以前からプラグ関係では気になる症状もあったし。≫エンジンで失火?4発のマシンが2発みたいな音に・・・

電装系なんかも徐々にやり変えたいとは思ってるけど、このタイミングかぁ・・・

古いバイクだからメンテナンス兼ねてパーツ交換をしていかないと、次の時はさらに来そうだからなぁ。

やっぱり思い立ったが吉日でやっとくべきかなぁ??

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする