クラッチが切れないトラブル。夏の早朝ツーリングに出かけるも20分で帰宅

かつてこんなに短いツーリングがあっただろうか・・・

朝、涼しくなったのを実感して「そうだ、走りに行こう」と思い立ち準備。

着替えて、ヘルメット、グローブ、鍵、サイフに携帯。

途中、近所の畑に植えてあるひまわりを見上げながら、一抹の不安。

XJR1200に異常あり・・・オイル漏れか?
事の発端は和歌山のツーリングから帰った後の洗車の話から。 XJR1200の洗車 和歌山ツーリングの初日、なんかシールドが突然見にくくなっ...

バイクを押して行って暖機運転。

やっぱりこのウインカーはアリだったと再確認しながら、ぐるぐる愛車の周りを行ったり来たり。

XJR1200のウィンカー交換のカスタムに要した時間は約2時間
昨日届いたウィンカーを、自宅で影になっている間に急いで取り付けます。 夏は家の影が小さくなりますので、半ば時間との勝負ですww...

暖機も一段落したので・・・

いざ^^

クラッチを握り~、ギアを・・・?

あれ??(半べそ)

クラッチが軽い・・・

まさか・・・(ギア1速に~ガコン)

・・・(シーーーン)・・
エンスト

クラッチ切れてないじゃん(大泣)

しかもこの場所、自宅からは下って来てるので、帰るためにはこの重たいバイクを押して、坂を登らねばならん

ちょっと恐ろしい想像をしてもう一度トライ。

そうか、幸い下りだし自力で少し動かしてからギアを入れれば・・・的中。

どうも完全に切れてないわけじゃなさそうだったんで、なんとか1速で発進。

ぐるっと一回りして自宅へ。

もちろん1速のまま、徐行運転。

帰ってクラッチフルードの量を確認したところ

lowerレベルを下回ってる。(ナンテコトダ)

バイクを出した時に、クラッチのことは頭をよぎったんだけど、新たに漏れてる様子もなかったから安易に考えすぎたな。

出先じゃなくて良かったと思うしかないけど、バイク屋さんも盆休みは行ってるし、とても残念な結果に。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク