XJR1200のフルパワー化という魅惑の言葉

スポンサーリンク

先日の早朝ツーリングは、涙、涙・・・の残念な結果になってしまったのですが、過ぎた事は仕方がないことです。≫夏の早朝ツーリングに出かけるも20分で帰宅

スポンサーリンク
スポンサーリンク




XJR1200のフルパワー化

さて、XJR1200オーナーのなかには少なからずフルパワー化のカスタムをされている方はいると思います。

なんといっても純正が93PSぐらいなのに対して、同エンジンを積む輸出仕様のFJ1200は純正で120とか130PS近いパワーを出してるんですよね。

さらにはバンスハインズのドラッグ仕様のFJでは240PSも出てるモンスターマシンがあったとか。

フルパワー化するのに必要なパーツというのが、サイトによっては点火タイミングを調整するプレートとかあるみたいなんですけど。

このあたりは年式によってでてくる情報がまちまちで詳細は不明です。

インシュレーター

どのサイトでも共通するのがインシュレーター。

インシュレーターはキャブからエンジン本体に混合気を送るためのゴムのパーツです。

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、白矢印の先にインシュレーターがあります。

XJR1200のフルパワー化に必要なインシュレーター

XJR1200は混合気を送るための径が若干絞ってあるのに対して、FJ用の方は径が大きいんです。

当時お世話になってたバイク屋さんに言わせると、インシュレーターの径を上げてもエンジン本体の方もそれにあわせて削らないと意味ないよって言われたんですけど。

と言うのがエンジン本体はXJR1200用のインシュレーターの径にあわせて小さいらしいんですよね。

ちょっと伝えにくいのでイメージ図を・・・

XJR1200とフルパワーFJ1200のインシュレーターのイメージ図

左側XJR1200純正です。

右側のFJ用のインシュレーターは孔が大きく、より多くの混合気が送れるようになります。

ですけど、エンジンブロックの方の孔自体が輸出FJより小さいとのこと。

ただ、この情報って検索しても出て来ないしどうなんだろう。

開発者インタビューでFJ1200とのエンジンの違いって、キャブ径なんかは一緒で、変えてるのはエンジンの空冷フィンを大きくしたりとか、オイルクーラーを大型化したくらいって書いてあったし、わざわざエンジンブロック自体を変えてるともあんまし思えないので、多分ガセだと思います。

実際にその当時お世話になってたバイク屋さんでつけてもらったんですけど、どうもこのパーツをポン付けした状態だったみたいで、フルスロットルしたら全然吹けなくなったから、絶対になにかしらの効果はあるはずなんですよ。

それから当分して今のバイク屋さんに出会って、エアクリーナーボックスの加工とかキャブの方もばらしてくれて今の仕様に出来上がったんですよね。

まとめ

大型バイクだと、モアパワーなんて正直必要ないくらい無駄にパワーはあまり余ってるんですけど、フルパワー化って無条件に魅惑の言葉なんですよね。

性能どうこう関係なく心のチューニングです。

高速とかの合流とかで目いっぱいアクセル回すと、途中から音も豹変してかなり荒い音に変わるし。

フルパワー化したXJR1200

ネイキッド+空冷って言うとちょっとおとなし目で雰囲気バイクってイメージなんですけど、静かにポテンシャルを秘めてるこいつが好きです^^

XJR1200乗りの私がXJRの好きなところを語る

フルパワー化したXJR1200の燃費を改めて考えてみる

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする