PR

全塗装しても飽きるのが不安だったけど8年経っても大満足

XJR1200のウインカー XJR1200
XJR1200

自分の愛車はもともとシルバー。

シルバーのXJR1200
シルバーのXJR1200

その後黒(正確にはパープルグレー)に全塗装しなおして、現在の色に。

14年間の色を捨てて、いよいよ全塗装終了で「新生XJR」に対面
メリークリスマス どうもサンタがいるのか、この日に塗装がすんだっぽいです≫14年もの間見慣れたXJRの見納め LINEで写真が送られてきて、思わず「早っw」って返してしまった^^; バイクを全塗装に出して3週間 全塗装に出して3週間 春先ま~続きを読む~

前回の黒にしたのは、出来上がってきた当初から納得いかなかっただけに、今の色は悩みに悩んだ色。

ん~、厳密には青と言うのは決まってたんだけど、青は青でもいっぱい色があるんで。

全塗装してもその色に飽きたらもったいない

一応今後自分が塗装品番を忘れても検索できるように記録を残しておくと、現在の色はスズキのスイフトスポーツのパールメタリックカシミヤブルー(ZCW)って色です。

現行のスイフトZRZって色番号のブーストブルーパールメタリックって色もとってもきれいな色で、最終的に現在の色に決めるまで相当悩みました。

実際に色を確認するために中古車展示場に色を確認に行ったりとか、走ってる車を気にしてみたり。

天気がいい日や悪い日、時間帯によっての見え方なんかも結構研究しました。

んで出した答えが、ZRZっていう色番号では自分のイメージには濃いすぎる。

悩んだ理由っていうのは当然、その色に飽きたらもったいないから。

だって、所帯持ちのサラリーマンにバイクの全塗装するチャンスってそんなにないですもんね。

そして今回成功した理由のひとつは、以前にも記事にした実車から選んだという方法を選んだのは正解でした。

もう失敗したくない!バイクを全塗装する時の色の選び方
バイクの全塗装をする際に、色を選ぶという作業があります。道行く車にはとても多くの色が設定されていますが、逆に自分の気に入った色を選ぶチャンスです。実車から色を選べば間違いなく希望する色しすることが出来ますからおすすめです。

光の当たり方や角度なんかを確認できたのはよかったと思います。

アンダーカウルやパーツの交換は全塗装のタイミングでやっときたい

でも今悩んでるのはアンダーカウル。

ネイキッドにアンダーカウルって邪道だろっていうのが全塗装した時の自分の気持ち。

ネイキッドにアンダーカウルはあり?なし??
裸を意味するネイキッドにアンダーカウルはありなのか。以前の自分ならなしだったけど、やっぱりカッコいいものはカッコいいのでありという結論。

でも今はアンダーカウルのついたネイキッドってカッコいいよねっていう気持ち。

だからアンダーカウルを買おうとしても、それだけ塗装に出すのももったいないから二の足を踏んでるので、もしも全塗装するのであればアンダーカウルなんかも一緒に塗装したほうがおすすめ。

あとはビキニカウルとか?

長く乗っても飽きない色に塗装できたのはラッキーだった

早瀬大橋とツーリングバイク

この色にしてから、かれこれ8年近く経ちます。

それでも今の色に不満をもったことってほとんどないです。

ほとんどっていうのは、やっぱり往年の名車と呼ばれるカワサキ車の横にいくと、自分が無条件で反応してしまうところ。

そうかといって今のこの色が不満かというと、まったくそういう気持ちは沸かず、ワクワクさせてもらえるところっていう色に全塗装できたのはすごくツイてたと思います。

もしも全塗装を考えてるっていう人がいれば、ぜひしっかり悩んで、そのうえで満足のいく色に巡り合えるといいですね。

もう失敗したくない!バイクを全塗装する時の色の選び方
バイクの全塗装をする際に、色を選ぶという作業があります。道行く車にはとても多くの色が設定されていますが、逆に自分の気に入った色を選ぶチャンスです。実車から色を選べば間違いなく希望する色しすることが出来ますからおすすめです。
スポンサーリンク
フォローする
プロフィール
この記事を書いた人
taro

気付けば40代中盤に差し掛かり、25年を越えたバイクライフや趣味の楽器やDIYに関した記事を投稿しています。
保有資格:原付 普通自動車 普通二輪 大型二輪 1級建築士 第2種電気工事士 1級建築/土木施工管理技士 2級FP 宅建士

フォローする
バイクのある生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました