ネイキッドにアンダーカウルはあり?なし??

XJR1200

最近SNSを見て、ほかの人のカスタムバイクなんかを見ていると、やっぱりアンダーカウルがあるとかっこいいよなぁと思うことが増えました。

10代のころは「ネイキッド(裸)なのだからカウル類はなしだろう」と思ってました。

どうしてもカウルが付くとレーシーさが強くなります。

ネイキッドとスーパースポーツ(レーサーレプリカ)の楽しみ方はまた違ったところにあるんじゃないかと思ってましたし、そのあたりのバイクのタイプ別によるこだわりなんかもありました。

スポンサーリンク

ビキニカウルはあり?なし??

私が初めてバイクに乗り始めたのは’93年式のXJR400でした。

あの当時ネイキッドのジャンルでいうと、CB400SFやゼファーなんかが人気でしたが、この頃に自分の中で「ネイキッドは丸目のヘッドライト、エンジンはむき出し」というスタイルが固定概念としてできたような気がします。

その後出てきたのがZRX。

当時の新型車のなかでは初めてビキニカウルの付いたネイキッドに、これはありなのか?なしなのか?と自分の中で自問自答した覚えがあります。

その後インパルスなんかもビキニカウルをつけたものが出てきて、XJR1200でもカウル付きのXJR1200Rというのが発売されました。

ただ、後発組はどれも好きになれなかった・・・

というより、ビキニカウルと丸目ヘッドライトの組み合わせってどうなんだろ?

GPZ900Rニンジャなんかも角目だし、この辺りカワサキの作るバイクはどれもセンスがいい・・・

GPZ900Rは何であんなに魅力的なんだろう?
GPZ900Rをはじめ、こういった名車が消えていくのは時代の流れとはいえ残念です。オーナーの皆さん、大事に乗ってください。

メーターバイザーはありだった

その後ビキニカウルのようなボディと同色の「カウル」っていうものではなく、メーターバイザーというジャンルのアイテムが発売されました。

ヘッドライトの上、メーターの前につけるアクリル製のもので、大きくネイキッドのスタイルを逸脱せず、これは個人的にすんなり受け入れられた気がします。

▽こんな感じのやつ

で、その後私もヤフオクでSP忠雄のメーターバイザーを一時期つけていました。

メーターバイザーは高速道路で手のひらを進行方向に向けると明らかに風圧が少なくなっていたし、雨の高速道路では胸元への雨粒が他と比べて少なかったので効果はあると思います。

ただ明確に感じるようなものではなく、高速道路での長距離移動の時に疲労感が少ないかな?というプラシーボ的なものといわれるとその程度だったかもしれません。

スポンサーリンク

アンカーカウルはあり?なし?

で、元に戻ってアンダーカウル。

これはZ1000のもの。

こうしてみると、チタンマフラー+アンダーカウルでやるぞ感がさらに強調される気がします。

冒頭でも書きましたように、個人的にネイキッドに求めるものはレーシーさではないのです。

というか、なかったのです。

その証拠にノジマのマフラーなんかはスポーツタイプのマフラーですし、オイルクーラーなんかも機能性パーツです。

それならアンダーカウルもありなんじゃないの?

ただ整流効果が期待できるビキニカウルなんかと違って、完全にファッションパーツ。

純正パーツすらなくなりつつあるXJR1200につかるような汎用アンダーカウルなんかはオイル交換の時にカウルに掛かるなんて話も聞きますし、全塗装した愛車に色を合わせようと思うと、さらに塗装代も掛かることになります。

スポンサーリンク

個人的にアンダーカウルはあり!ただしメンテナンスに掛かるお金が先

ネイキッドにカウルが付くのはどうか?というような10代の時のようなこだわりはなくなってて、似合えばいいじゃんというのが最近の考え。

というかいろんなジャンルが確立されたから、同じネイキッドでもショート管をつけたようなカスタムも好きだし、レーサーっぽいカスタムも好き。

でも、今はリアのサスペンションのオーバーホールだったり、セル回り、インシュレーターの整備なんかのほうが先。

カスタムは進みそうにありません><

WP(ホワイトパワー社)のリアサスペンションもオーバーホールの時期
私のXJR1200のひそかな自慢がWP社のリアサスペンション。ところがこのサスペンションも取り付けてからかなりの時間が経ったので、オーバーホールを検討する時期になってます。オーバーホールや社名が変わった憶測など書いています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
フォローする
プロフィール
この記事を書いた人
taro

気付けば40代中盤に差し掛かり、25年を越えたバイクライフや趣味の楽器やDIYに関した記事を投稿しています。

フォローする
バイクのある生活

コメント

  1. kin より:

    自分はビキニカウルが結構好きで、付けています。
    子供の頃に雑誌でZR-1を見てとても好きになったからの刷り込みかな?と思っています。
    前に乗っていたゼファー1100や現在も乗っているXJRとGN125Hにも付けています。
    アンダーカウルは、集合管の集合部分が見えなくなるので付けない方向です。
    アンダーカウルのメリットは、サーキットでエンジンブローでオイルが漏れてもアンダーカウルで受ける事により路面にオイルをまかない様にしていると聞いた事があります。
    人それぞれ、自分がカッコ良いと思うカスタムが一番です(^^)

    リヤサス、自分は社外のゼファー1100用のオーリンズを付けています。
    4年位前にオーバーホールした時に仕様変更とシャフトに傷があって部品交換になり税込み4万円前半予定が6万円チョイ切りでした。
    安くはないですよね・・・。

    セル回りとは、XJR1200の持病のセルの空回りですか?
    自分はセルの空回り以外にクラッチが滑り出していたので、修理するより中古の1300のエンジンを買って載せ替えた方が安かったのでエンジン交換して改造申請して公認を取りました。
    思っているより簡単に改造申請で公認取れますよ。

    SNSですが、フェイスブックはやっていませんか?(^_^;)

    • tarotaro より:

      kinさん、コメントありがとうございます。
      ビキニカウルもアンダーカウルも好き好きですよね~。私自身、アンダーカウルが付いたようなレーシーなネイキッドも好きですし、ショート管をつけたクラシックタイプなネイキッドも好きです。
      それを混ぜこぜにして「パーツをつけました」って言うだけにはしたくないなぁって思ってます^^

      エンジン載せ替え、簡単公認はとても魅力的な響きですw

      SNSはツイッターのインスタくらいですかね。

タイトルとURLをコピーしました