前回失敗したバイクの全塗装。再び全塗装で似合いそうな色の選び方に慎重

スポンサーリンク
スポンサーリンク
XJR1200

我が愛機のXJR1200はもともとシルバーでした。

全塗装前シルバーのXJR1200

2001年佐多岬付近でのキャンプ場にて

もともと黒が欲しかった事もあり全塗装を済ませました。

スポンサーリンク

XJR1200の1回目の全塗装

こちらが塗装後のXJR1200です。

三菱の車種に使われていたパープルグレーという色で、黒にも紫にもならずイマイチでした。

バイクの全塗装で失敗したXJR1200

全塗装後の感想

見た瞬間に固まりました。

私のイメージした色と全く違うんです。

最初はR33GT-Rのミッドナイトパープルみたいでいいじゃん♪と言ってもらったこともあり、納得してたものの、やはりどこか中途半端というか不本意感がぬぐえないので、改めてこのたび全塗装を決意しました。

スポンサーリンク

XJR1200の二度目の全塗装

色は、ブルメタリックです。

一番候補は スズキ スイフトのブルメタ。

XJRの全塗の色はスイフトスポーツの青

気になる色としては マツダ ロードスター(NA型)にも綺麗な色がありました。

ダイハツ ミラジーノの青も綺麗です。

EGシビックの青で全塗装したXJR400

全塗装したXJR400とXJR1200

上の青いXJR400は、EGシビックの青で全塗装してます。

これも写真では黒っぽいですけど、当時から結構きれいな青でした。

赤?青?黄色?

以前上のXJRを青にしたんで、別の色も捨てがたく迷ってます。

最近のマツダ「アテンザ」の赤も悪くないとは思いますし、濃い目の黄色も悪くないです。

何色にするにも共通して言えることは、もう色選びで失敗したくないという事です。

もし、バイクの全塗装にお悩みでしたら、ぜひこちらも参照してみてください。≫ もう失敗したくない!バイクを全塗装する時の色の選び方

スポンサーリンク

全塗装まで進むとカスタムも最終段階

全塗装って高そうで、意外とチタンのマフラーを買うより安かったりしますよね。

もちろん、色分けとかこだわれば上はないでしょうけど。

だからこそ全塗装と言うのは最終段階に近いと思うのです。

 

タンクのYAMAHAエンブレムも捨てがたいが、あえて音叉のヤマハマークもありかと思ったり。≫YAMAHAエンブレムをタンクに貼り付ける

一度失敗しているだけに悩みはつきない。

14年間の色を捨てて、いよいよ全塗装終了で「新生XJR」に対面
メリークリスマスどうもサンタがいるのか、この日に塗装がすんだっぽいです≫14年もの間見慣れたXJRの見納めLINEで写真が送られてきて、思わず「早っw」って返してしまった^^;バイクを全塗装に出して3週間全~続きを読む~

 

スポンサーリンク
プロフィール
この記事を書いた人
taro

気付けば40代中盤に差し掛かり、25年を越えたバイクライフや趣味の楽器やDIYに関した記事を投稿しています。

フォローする
XJR1200
スポンサーリンク
フォローする
バイクのある生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました