バイクの白化した樹脂パーツをガスバーナーであぶってみた

FORZA

カスタム計画の一つをやっと実行です。≫ニューマシンのカスタム計画バイクの磨きあげ計画もメンテナンスの一つ

スポンサーリンク

白化した樹脂パーツ

受け取りに行ったときには野ざらしでカバーもされてない状態でした。

なので、あちこちサビなんかが出てて、決して見た目が綺麗とは言えなかったんですけど、見慣れちゃいました(>Д<)

とりあえず白くなった樹脂部分を対策すべく・・・

白化したバイクの樹脂パーツ
下のほうはスチールウールでちょっと磨いてみましたが、イマイチ><

樹脂パーツをガスバーナーであぶる

ガスバーナー・ガストーチ

そこで登場!!

ガスバーナー

ジャン!!!ガスバーナー~~!!(ドラえもん風w)

バーベキューなんかでも重宝するんで、結構お持ちの方多いんじゃないですかね?

樹脂パーツをあぶる

ここから炙る!!

注意事項は近づけ過ぎは厳禁で・・・

でも、想像してたより近めで炙りました

白化した樹脂パーツが黒くなった

結構色が戻ったΣ(゚ω゚)

白化した樹脂が黒くなったけどムラが残った

ただ、ムラ感は何度やっても残っちゃいましたが、白くなったままよりマシかな。

まとめ

あとはシリコンスプレーでも噴いておくと見た目が良くなると思いますね。

バーナーがあれば15分くらいで出来るんでおすすめなんですけど、塗装の部分にはマスキングテープでもいいんで一枚張っておくと安心ですよ。

ただし、なども言うようですけど自己責任でお願いします。

バイクの磨きあげ計画もメンテナンスの一つ
エンジンの塗装の剥がれにはスチールウールを使って古い塗膜を落としてみるといいらしい。他ブラッシュアップ計画。
錆びて色の剥げたマスターシリンダーを自分で再塗装
色が剥げたマスターシリンダーを塗装してみました。やはり本来黒いところを黒くするというだけで、見た目の印象は全然変わります。

コメント