ポイントカバーについて立ちゴケの跡を消す方法

立ちゴケでついたポイントカバーの傷を消してみたレストア
レストア

経年劣化した各部をカスタムを兼ねてレストアし始めてどれくらい経ったことやら。

今回は以前も記事にしたポイントカバー

XJR1200のポイントカバーをカスタム

ぱっと見にはあまり違和感がないかもしれないけど、アップにしたらこんな感じ。

キズがあるXJR1200のポイントカバー

たぶん、前のオーナーが立ちゴケして付いた傷…かな?

少なくとも私は手に入れてから一度も地面につけてないから、これを自分が立ちゴケしたと思われるのが嫌だなぁということで、とうとうここへ手を入れることにしました。

周りが綺麗になるのも善し悪しです…。

スポンサーリンク

ポイントカバーについて立ちゴケの跡を消す方法

ポイントカバーについた傷を完全に消すためには方法は2つ。

  • 傷ついたパーツそのものを交換する
  • 磨いて傷を消す

パーツ交換といっても、すでにマイナー絶版車のXJR1200が選べるパーツというのは限られています。

また純正パーツについても既に生産中止などで手に入れるのが困難なパーツもあるなかで、わざわざ交換するまでもないか、ということで今回は磨くという方法を選択しました。

耐水ペーパーで磨く

今回も使用したのはヘッドカバーを磨いたとき同様、320番から600番までの耐水ペーパー。

3種類の耐水ペーパー
320番400番600番の3種類の耐水ペーパー

320番で粗削り

まずは目の粗い320番から。

磨くこと10分。

キズの付いたポイントカバーを320番の耐水ペーパーで荒磨きする

さすがにいきなり耐水ペーパーでは深い傷までは消せませんでした。

逆にこれ以上削ろうと思うとディスクグラインダーなどの電動工具が必要そうですし、全体的な丸い形状を維持するのが難しそうです。

400番で磨き傷を整える

こちらが400番で磨いたところ。

ポイントカバーを400番の耐水ペーパーで磨く

かなり綺麗になってますよね?

ちなみに320番の時にはペーパーブロックみたいに当て板を使って磨いたのですが、ラウンドした面を当て板をすると多角形に磨き跡が残ってしまうため、400番から先は指を使って磨いてます。

600番で仕上げ

こちらが600番で仕上げたところ。

キズの付いたポイントカバーを600番の耐水ペーパーで磨いたところ

磨き傷が少し気になるところですが、もともとの傷はぱっと見わからなくなってます。

もう少しやるならピカールででもやってみますかね?

プチカスタムで左右の三本線の塗装も剥ぐ

ペーパーで磨いている時にふと気になった、左右にある三本線。

ついでにこの塗装も剥いでプチカスタムとしてみました。

ポイントカバーをカスタム

塗膜なので、ペーパーに当て板をして軽くこすれば簡単に剥げます。

スポンサーリンク

立ちゴケの傷は耐水ペーパーで消せた

立ちゴケでついたポイントカバーの傷を消してみた

もうすっかりポイントカバーについた傷は立ちゴケの跡と決めつけてますけど、この程度のキズであれば耐水ペーパーだけでも気にならないレベルに消せることが証明出来ました。

もしも立ちゴケして跡が残ってしまっている人は挑戦してみてはいかがでしょうか。

コストと労力を考えても十分割に合うと思いますよ。

バイクのエンジンに白錆びが浮いたのでヘッドカバーを磨いてみた
年式も古くなってエンジンのヘッドカバーに白錆びが浮いてきたので、耐水ペーパーを使ってリフレッシュしてみました。
色が褪せて塗装も剥がれたダイナモを再塗装してリフレッシュ
経年劣化で色んな所が色褪せたり、塗装が剥がれたバイクのエンジン。リフレッシュのために今回はダイナモを再塗装。スプレーではなく刷毛で挑戦。
塗装の剥がれたエンジンを自家塗装してから2年目の経過報告
エンジン塗装の剥がれに悩み、自家塗装に踏み切って2年半。一部では塗装も剥がれてきましたが、全体的にはとても綺麗なまま維持でき満足です。
更新情報はこちらから確認できます。

▽ブログ村で読者登録する
バイクのある生活 - にほんブログ村
▽ツイッターをフォローする

ブログランキングに参加しています。

応援していただけると喜びます

にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
フォローする
プロフィール
この記事を書いた人
taro

気付けば40代中盤に差し掛かり、25年を越えたバイクライフや趣味の楽器やDIYに関した記事を投稿しています。

フォローする
バイクのある生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました